あなたは毎日、最も得意なことをする機会に恵まれていますか? この問いに「そう思わない」と答えた人には、仕事に意欲的で生産的な人がだれひとりとしていなかった、という調査結果もあります。自分の強みに専念する機会がない人が払う代償は実に大きいといえるでしょう。『さあ、才能に目覚めよう』では、強みに焦点をあてることの大切さを説いています。強みにフォーカスしたときに何が起こるのか、ポジティブ心理学や教育心理学などの研究や、コーチング、カウンセリングをしている皆さんに話を聞きました。