オブジェクト指向は英語のobject oriented の訳語で、直訳すると「モノ指向」「モノ中心」となります。

 オブジェクト指向が普及する以前は、対象とするシステム全体の機能をとらえ、それを段階的に詳細化して、より小さな部分に分解していく「機能中心」の開発手法が主流でした。この「機能中心」の開発手法でソフトウエアを作ると、仕様変更や機能追加が起きた場合の修正範囲が広範囲になりやすく、ソフトウエアの再利用も難しいという課題がありました。

 オブジェクト指向はソフトウエアの保守や再利用をしやすくすることを重視する技術です。個々の部品により強く着目し、部品の独立性を高め、それらを組み上げてシステム全体の機能を実現することを基本にします。部品の独立性を高めることで、修正が起きた場合の影響範囲を最小限にし、他のシステムで容易に再利用できるようにします。


Leszek Czerwonka/Shutterstock.com