『なぜシリーズ』について

 「10年後も通用する“基本”を身につけよう」をテーマに、数多くの読者に読まれ続けている『なぜシリーズ』。

 何事にも言えることですが、物事の基本を知り、身につけることは、とても大切です。基本、言い換えれば、本質を知ってこそ応用が利きますし、新しい技術や製品が登場したときにその重要性を見抜くことができます。

 本シリーズによってコンピュータやネットワークをはじめとする物事の基本を学び、長く活用できる「土台となる知識」を自分のものとしていただければ幸いです。

●プログラムはなぜ動くのか 第3版
  プログラムがコンピュータの中でどのように動作するのかを、誰にでもわかるように説明します。プログラムは、メモリーにロードされ、CPUによって解釈・実行されます。その仕組みを、多数の図を使って、順序立てて解説します。

お買い求めはこちら: Amazon  楽天ブックス  honto  日経BP SHOP

●オブジェクト指向でなぜつくるのか 第3版
 現在のソフトウエア開発技術の主役である、オブジェクト指向の全体像とそこに含まれる各技術を平易な文章で核心をズバリと解説します。「今ドキのOOP」として人気言語(Java、Python、Ruby、JavaScript)の最新動向を新たに盛り込んでいます。

お買い求めはこちら: Amazon  楽天ブックス  honto  日経BP SHOP

●ネットワークはなぜつながるのか 第2版
 ウェブブラウザにURLを入力してからWebページが表示されるまでの道筋をたどりながら、その裏側で働くTCP/IP、LAN、光ファイバなどの技術を説明していきます。インターネットを通ってサーバーまで行って帰ってくる道筋の途中には、今のネットワークの主要な技術要素が全部あります。そこでの機器やソフトウエアがどのように動き連携しているのかを探検すればネットワーク全体の動きがわかります。

お買い求めはこちら:  Amazon  楽天ブックス  honto  日経BP SHOP

●コンピュータはなぜ動くのか
 『プログラムはなぜ動くのか』の姉妹本として、この1冊だけ読んでも理解できる、わかりやすい内容です。前作ではとり上げなかった「アルゴリズム」「オブジェクト指向」「データベース」「ネットワーク」「セキュリティ」など、コンピュータの中の仕組みを“誌上での実験”を通してわかりやすく解説しています。

お買い求めはこちら:Amazon  楽天ブックス  honto  日経BP SHOP