日経の本 日経BP

TOPICS

カワイイエコノミー

価格 1,870円(税込)
ISBN 978-4-296-00007-4
発行日 2022年1月11日
著者名 稲垣 涼子 著
発行元 日経BP
ページ数 256ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

ヒット商品には、必ず「カワイイ」がある!
★現代のビジネスマンが知っておくべき新知識は「カワイイ」
★「ガールズトレンド」領域で圧倒的トップシェアメーカーのプロが教える! !
★「流行の読み方」 「SNSの使い方」をマスター!

洋服、キャラクターグッズ、雑貨、動画……あらゆる商品・サービスで「かわいい」は一大マーケットです。
また、若年女性向けの商品であってもなくても、ヒット商品のほとんどに「かわいい」要素や、女性の心をとらえる仕掛けが含まれることに気づいていますか?
現代人にとって「かわいい」はマーケットとしても、現象としてもビジネスをする上で知っておくべき要素です。
なぜ知っておくべきか。それは、「かわいい」には、以下のような要素が含まれるからです。

●ユーザーは「自分がターゲットじゃない」に敏感
●ヒット商品は、軒並み「自己肯定感」を感じさせるもの
●流行は、急に起こらない。必ず下地がある

などです。
「そういえば」と心あたりがある人もいるのではないでしょうか。

いったい、「かわいい」とは何なんでしょうか。
どうすればつかめるのでしょうか。

この本では、
第1章で、ユーザーである「女の子」を心にインストールする方法
第2章で、「流行」を把握する力を持つ方法
第3章で、具体的な商品のつくり方

をご紹介し、うつろいがちに見える「カワイイ」と、それを売るにはどうしたらいいかがしっかりわかるようにお伝えします。

目次

すべての作る人と売りたい人へ
序章 「カワイイ」は、経済と時代を動かす


第1章 「女の子」を心にインストールする 「ヒット商品」にラクな法則はない。常に時代をつかむ努力から生まれる
ヒット商品は、軒並み「ひとりではない」を感じさせるもの
「他者から評価されることも含めた自己肯定感」とは何か
女の子は「日々を本当に楽しんでいる人」も好き

第2章 「流行」を把握する力を持てれば大丈夫
今大事な概念、「盛る」を知ろう
マーケットは、すでにお客さんがいるところにしかない
「テクノロジーが流行を連れてくる」ことはない
お客さんには、「都会の人」と「地方の人」とがいることを覚えておく
「流行が終わった合図」は、「おじさん」が参入したら

第3章 女の子の商品の具体的な作り方
斬新なサービスを提供しようとそれほど気負わなくていい
商品が「面倒くさそう」だと人は手にとらない
「ただモノを売るだけ」ではなく「ユーザーが楽しめるように」と認識を変えるだけですることは変わる
「少し古い」がいちばんダサい
ページの先頭に戻る