日経の本 日経BP

TOPICS

政治神学 主権の学説についての四章(日経BPクラシックス)

価格 2,640円(税込)
ISBN 978-4-296-00036-4
発行日 2021年11月22日
著者名 カール・シュミット(著),中山 元 訳
発行元 日経BP
ページ数 264ページ
判型 4-6変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

「主権者とは、例外状態について決定を下す者のことである。」
この有名なテーゼで知られるシュミット1922年の作品。以下は、訳者あとがきから。

やがてシュミットは、一九三二年の『政治的なものの概念』において、例外状態が発生したかどうかを決定する主権者は同時に、「友・敵関係による結集を行う決定を下すことのできる統一体」としての政治体であると考えるようになる。誰が友であり、誰が敵であるという政治的な決定を下す主体は主権者としての政治体なのである。主権者は例外状態について決定を下す法的な主体であると同時に、誰が敵であるかを決定する政治的な主体でもあるのである。(中山元「緊急事態宣言と『例外状態』」)

■目次
1・主権概念の定義
2・法の形式および決定の問題としての主権の問題
3・政治神学
4・反革命の国家哲学について

(付録)「中性化と脱政治化の時代」
1・中心領域の順次の交替
2・中性化と脱政治化の諸段階
訳者あとがき
緊急事態宣言と「例外状態」(中山元)
ページの先頭に戻る