日経の本 日経BP

TOPICS

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第3版

知っておきたいOOP、設計、アジャイル開発の基礎知識

価格 2,640円(税込)
ISBN 978-4-296-00018-0
発行日 2021年4月19日
著者名 平澤 章 著
発行元 日経BP
ページ数 372ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

『オブジェクト指向でなぜつくるのか』10年ぶり、待望の改訂第3版!
これからの10年も通用する基本」を、より多くの読者に身につけてもらうために改訂しました。

現在のソフトウエア開発技術の主役である、オブジェクト指向の全体像とそこに含まれる各技術を平易な文章で核心をズバリと解説します。
生産性のかぎを握るプログラム開発の主要技術をわかりやすく教えるという位置づけは変わりません。
そのうえで「今ドキのOOP」として人気言語(Java、Python、Ruby、JavaScript)の最新動向を新たに盛り込んでいます。
もちろん、すべての文章を細かく見直して現況に沿うよう更新しています。

本書の特徴
◆オブジェクト指向(OOP)の全体像と特徴がわかる
◆OOPのプログラムが動く仕組みが具体的にわかる
◆関数型言語の本質とOOPとの関係がわかる
◆アジャイル開発手法と実践手法がわかる


【目次】
第1章   オブジェクト指向はソフトウエア開発を楽にする技術
今ドキのOOPとっつきやすくて、奥の深いPython
第2章   オブジェクト指向と現実世界は似て非なるもの
オブジェクトの向こう側:バズワードになったオブジェクト指向
第3章   OOPを理解する近道はプログラミング言語の歴史にあり
プログラミング昔話: COBOL コンパイラのニワトリとタマゴの話
第4章   OOPは無駄を省いて整理整頓するプログラミング技術
今ドキのOOP:ホームページツールから進化したPHP
第5章   メモリの仕組みの理解はプログラマのたしなみ
プログラミング昔話: OOPはダンプが見づらい?
第6章   OOPがもたらしたソフトウエアとアイデアの再利用
今ドキのOOPRails フレームワークでブレークしたRuby
第7章   汎用の整理術に化けたオブジェクト指向
オブジェクト指向の向こう側:言語が先か、コンセプトが先か
第8章   UMLは形のないソフトウエアを見る道具
第9章   現実世界とソフトウエアのギャップを埋めるモデリング
第10章   擬人化して役割分担させるオブジェクト指向設計
今ドキのOOP:クラスに縛られずに動くJavaScript
第11章   オブジェクト指向から生まれたアジャイル開発
プログラミング昔話:昔は許されなかったXP
第12章   オブジェクト指向を使いこなそう
補章   関数型言語でなぜつくるのか
今ドキのOOP関数型言語の箱庭を用意したJava
ページの先頭に戻る