日経の本 日経BP

TOPICS

それでも君は医者になるのか

価格 1,650円(税込)
ISBN 978-4-296-11089-6
発行日 2021年11月22日
著者名 中山 祐次郎 著
発行元 日経BP
ページ数 344ページ
判型 四六判

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

今、医者になる意義とは? やりがいとは? 読めば胸が熱くなる一冊!


本書は現役の外科医で小説家でもある中山祐次郎さんが、大きな変革期を迎えている医療の世界の実像をリアルに、そして熱く描き出す一冊です。
コロナ禍では、医療従事者とりわけ「医師」に対する注目度が増し、日米では大学医学部の志望者が増えています。
今、医者になる意義とは何か。そのやりがいとは、患者の命を救うとはどのようなことか。
そして、医者の年収は実際のところいくらか、働き方改革で激務は解消されるのかなど、余すところなく明かします。

<目次>
はじめに

序章    コロナは何を変え、何を変えなかったか
        コロナ禍、ある外科医の奮闘

第1章   医者だって人の死に慣れない
        A先生の訃報
        「先生、手術も抗がん剤ももういいよ」
        19歳でがん、山下弘子の旅立ち
        日野原先生と回診した思い出

第2章   それでも医者は判断する
        機内のドクターコールに応じたときの話
        何歳までがんの手術を受けますか?
        透析中止、生死を決めるのは誰か

第3章   医者の働き方
        徹夜明けの外科医に手術されるの、嫌ですか?
        診療報酬が増えると医者の給料は増えるのか?
        医師には医師にしかできない仕事を
        医師なら年2 0 0 0 時間残業すべき?
        近所の病院がなくなるって本当?
        特別対談   新型コロナ第4波の「地獄」

第4章   医者とキャリア
        37歳の外科医がメスを置いた理由
        医者の肩書にある「専門医」って?
        医師国家試験、合格率90%の謎
        東京医大、性差別だけが問題ではない
        あの名門まで、医学部不正入試の実態

第5章   医者のプライベート
        医者の子育て、意外なスキルが役立つ
        男性医師と女性医師で異なる婚活事情

第6章   福島で考える
        原発から22 ㎞ 、私が高野病院に来た理由
        ぎっくり腰になりかけた院長初日
        病院の経営を良くするために実施したミッション
        医師が見た「福島のリアル」
        医者が原発に行ってみて感じたこと

第7章   外科医が語るがん治療
        専門家が語る、がんの治療戦略
        2人に1人ががんにかかる時代の最新治療
        渡瀬恒彦さんを襲った「胆のうがん」
        堀ちえみさんのかかった「舌がん」とは?
        八千草薫さんの命を奪った膵臓がん
        外科界のイノベーション、腹腔鏡手術

終章    医者に幸福感をもたらすもの
        私が皆さんに医者を目指してほしいと思う理由

おわりに
ページの先頭に戻る