日経の本 日経BP

TOPICS

東大メンタル 「ドラゴン桜」に学ぶ やりたくないことでも結果を出す技術

価格 1,760円(税込)
ISBN 978-4-296-10933-3
発行日 2021年5月17日
著者名 西岡壱誠、中山芳一 著
発行元 日経BP
ページ数 368ページ
判型 四六判

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

マインドを変えれば、地頭力も上がる!

偏差値35から東大合格して、
『ドラゴン桜2』の編集担当になった僕が、
東大生に学んだメンタル・テクニック。


東大生の地頭のよさは、
実は、 4つの非認知能力 に支えられています。

(1)「主体性」 を持ち、
(2)「メタ認知力」 を発揮することで、
自分の現状を把握し、さらに、
(3)「セルフコントロール」 を働かせながら、
(4)「戦略性」 を持って行動する。

このような心の習慣ができると、
「やるべきこと」に前向きに取り組めるようになり、
学びがぐんぐん深まるのです。

みなさんも、僕と一緒に4つの壁を乗り越えて、
やりたくないことでも結果が出せる、
地頭力の土台をつくっていきませんか。

【1】「目的」の壁 - やるべきことを「やろう」と思える主体性
【2】「やるべきことがわからない」の壁
      - 自分がやるべきことを突き止めるメタ認知力
【3】「モチベーション」の壁
      - やり始めたことを「やり続ける」ためのセルフコントロール
【4】「戦略」の壁
      - 「いいところまできたけど、あと一歩」を乗り越えるための戦略性

漫画『ドラゴン桜』の名シーンもたっぷり掲載。

***著者から***

僕はこれまで、東大生の研究から、
「地頭力を上げる方法」をお伝えする本を3冊 書いてきました。
『東大読書』では、「能動的」な読書術をお伝えしました。
『東大作文』では、「相手の立場を考える」文章術をお伝えしました。
『東大思考』では、「型を意識した」思考法をお伝えしました。

このような習慣を身につければ、
誰でも、いつからでも、地頭力を引き上げられる と僕は考えています。

ところで、この3つ習慣、それぞれにカギとなるのは
「能動的であること」「相手の立場を考えること」「型を意識すること」です。
ちょっと不思議だと思いませんか?
これらはすべて 「頭脳」の問題というより、「心」「メンタル」の問題 ですよね。
つまり、 地頭力のベースにはメンタルの力があって、
この世には「頭がよくなりやすいメンタル」というものが存在する
、ということです。

僕が東大生を研究して発見した「頭がよくなりやすいメンタル」は、
今、 教育学の世界では「非認知能力」と呼ばれ、注目を集めています
そこで、僕が実践から導いた「東大生の非認知能力」の秘密を、
岡山大学准教授の中山芳一先生から、理論的に紐解いていただきます。

しかしながら、東大生が受験勉強で培った、
「東大メンタル」なんていうものが、社会に出ても役立つのか?
そんな疑問を覚える方も当然いるでしょう。
そこで、経営者、営業のプロ、フリーランスのライターとして
それぞれに高い成果を上げている3人の先輩にインタビューして、仮説を検証しました。
東大受験で体得した「受験の本質」が、
社会に出てからの「やり抜くチカラ」となっている
ことが見えてくると思います。

いろいろ難しいことを書きましたが、
人気漫画『ドラゴン桜』の名シーンを交えながらの楽しい本です。
学びを楽しむことで、学びを深める。そんな1冊を目指してつくりました。
ページの先頭に戻る