日経の本 日経BP

TOPICS

開発テクニックの新潮流 マイクロサービス/コンテナ大全

価格 2,970円(税込)
ISBN 978-4-296-10921-0
発行日 2021年4月14日
著者名 日経クロステック 編
発行元 日経BP
ページ数 228ページ
判型 A4変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

DX(デジタルトランスフォーメーション)の機運が高まるなか、「マイクロサービス」と「コンテナ」に注目が集まってきた。DXを推進するための「最新のIT基盤」では、顧客ニーズやビジネス環境の変化に応じて素早くシステムを変えられる必要がある。それを実現するには、小さなサービスを疎結合に連携するマイクロサービスアーキテクチャーが欠かせない。また、そうしたサービスを動かす最適な環境がコンテナである。本書はマイクロサービス、コンテナとは何かという基礎知識から、使いこなしのノウハウまで幅広く解説。日本でも存在感を増してきた「Kubernetes(クバネティス)」やサービスメッシュといった最新ITを理解できるだけでなく、クラウドやDevOpsといった関連ITを含めた実践情報を得られるのが大きな特徴である。既にマイクロサービスやコンテナを活用するユーザーの事例からは、利用現場ならではのリアルな注意点なども学べる。マイクロサービスとコンテナの使いこなしは、これからのITエンジニアにとって必須テクニックといえる。本書は、これを効率よく修得するためのベストな1冊である。

≪目次≫
第1章 DXに欠かせない コンテナとマイクロサービス
第2章 コンテナ活用の最前線
第3章 マイクロサービスが普及期へ
第4章 最新IT基盤の活用法
ページの先頭に戻る