日経の本 日経BP

TOPICS

「がん患者本位のエンゲージメント」を目指して

価格 2,200円(税込)
ISBN 978-4-296-10850-3
発行日 2021年1月12日
著者名 「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会 著
発行元 日経BP
ページ数 200ページ
判型 B5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

がん患者を取り巻く今の状況をより良いものとするために
これからのがん医療やがん患者が抱える課題や生き方などについて議論してきた、「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会(座長:武藤徹一郎)の最終報告書です。
がんに関する様々な問題の解決に向け、3つのビジョンと10のアクションを提言。がん患者、その家族、がん医療に携わる医療者、がんの政策立案に関わる行政官など、がんに関係するすべての人々にとって、必携の書です。

「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会は、2018年5月から2019年12月まで、がん患者団体の代表者、がん診療に携わる医師・看護師、社会学者など、がんと関わりのある様々な有識者が集まり、これからのがん医療やがん患者(がんを経験されたすべて)が抱える課題や生き方などについて、定期的に議論してきた研究会です。この研究会で議論してきたことを総括し、がん患者を取り巻く今の状況をより良いものとするためにまとめたのが、本報告書です。

<目次>
はじめに:~がん患者の問題の解決に向けて~
序章:「がん患者本位のエンゲージメント」とは何か
第1章:ビジョン1●社会全体でがん患者を生涯にわたって支える
第2章:ビジョン2●一人ひとりが安心して納得できる医療/ケアを受けられる
第3章:ビジョン3●がん患者が主役となって自分らしく生きるための素養とスキルを身に付ける
<コラム>新型コロナウイルス感染症問題を契機としたニューノーマル(新常態)における「がん患者本位のエンゲージメント」とは
終章:「がんと生きること」を生涯にわたって支えるために
おわりに:「がん患者本位」で実現する共有価値の創造
ページの先頭に戻る