日経BPブックナビ

失われた報道の自由

価格 1,870円(税込)
ISBN 978-4-8222-8901-0
発行日 2020年10月5日
著者名 マーク R. レヴィン(著)、道本 美穂(訳)、古森 義久 解説
発行元 日経BP
ページ数 336ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

なぜ米国一流メディアは偏向報道を続けるのか?
ニューヨーク・タイムズやCNNをうのみにしてはいけない!


現代のメディアでは、報道に携わる人々自らが「報道の自由」を踏みにじっている。
報道の自由が失われているのは、政府による弾圧や抑圧があるからでも、
ドナルド・トランプ大統領がメディアを非難しているからでもない。
原因は、放送局や新聞社、そこで働くジャーナリストたちにある。
かつて、ニュースといえば客観的な事実を集めたものだったが、
いまは特定の意見やプロパガンダをニュースとしてまことしやかに流し、
メディアがつくった「偽物」の出来事をあたかも事実のように報道し、
ときにあえて事実を報道しないという選択をする。(本書「はじめに」より)
ページの先頭に戻る