日経BPブックナビ

RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる

価格 2,090円(税込)
ISBN 978-4-8222-8877-8
発行日 2020年3月30日
著者名 デイビッド・エプスタイン(著),東方 雅美(訳),中室 牧子 解説
発行元 日経BP
ページ数 448ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

「超専門化」よりも、知識の「幅(レンジ)」のある人が成功する
■世の中は、ますます複雑さを増している。それを反映するように、ビジネスでも、研究開発でも、大学教育でも、スポーツでも、さらには幼児教育でも、分野を狭い範囲に絞って深掘りする「超専門化」がもてはやされるようになっている。ところが、こうした「超専門化」が成功しやすい分野は、実は非常に限定されている(ゴルフやチェスなど、ルールが明確で、迅速かつ正確なフィードバックが得られる「学習環境が親切」な領域だけだ)。世の中の大半の領域は、状況が刻一刻と変わり予測不能な出来事が起きる「不親切な学習環境」にある。そこでは、「超専門化」した人よりも、多くの分野に精通し知識と経験の「幅(レンジ)」のある人のほうが成功しやすいことが、さまざまな調査や学術研究で裏付けられている。 幼い頃から英才教育を受け、若くしてプロゴルファーになり世界を席巻したタイガー・ウッズのようなサクセスストーリーにあこがれ、学ぼうとする人は多い。ところが、大半の人にとって、それは誤ったロールモデルであることを、本書は明解に示す。
■自分のキャリア形成を考えるとき、「1万時間の法則」「グリット」「早期教育」「ストレングス・ファインダー」などに目を奪われやすい。これらがもてはやされるのは、「効率が高い」「時間のムダがない」「近道」とされているからだが、実はこれらの手法がそぎ落とそうとしている「非効率な学習」「ムダな時間」「まわり道」にこそ、長期的に「真の価値」があることを、本書はさまざまな事例と科学的根拠をもとに解き明かす。
■今後のキャリア形成について考えているビジネスパーソン(研究者、スポーツ選手、音楽家etc)、進路について迷っている学生、子どもの教育方針について悩んでいる親や教育者など、幅広い分野の方々に参考になる内容になっています。
ページの先頭に戻る