日経BPブックナビ

からだ巡りヨガ大全

価格 1,650円(税込)
ISBN 978-4-296-10773-5
発行日 2020年10月19日
著者名 高村 マサ 著
発行元 日経BP
ページ数 160ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介


肩こり、冷え、便秘、むくみ・・・モヤモヤ不調が、スルスル整う !
ツボの集まるライン「経絡(けいらく)」を伸ばせば、ヨガポーズの効果がぐ~んとアップ !


東洋医学の知恵とヨガを融合した新メソッドで
巡りのいいからだと心の快適さを実感 !
予約殺到「ヨガの解剖学」主宰の鍼灸師が初心者にもわかりやすく解説します。


<本書の内容>
★各章ごとに【お悩み・不調別INDEX】つき!
肩こりや首こり、頭痛、冷え、むくみ、目の疲れなど、悩みや不調別に必要なポーズがすぐわかります !


はじめに
からだの巡りを感じてみよう
東洋医学の基礎知識
1 五臓六腑がバランスよく働くことで気血水が巡る
2 経絡をスムーズに巡らせて流れを整える経穴(=ツボ)
3 東洋医学の自然観=陰陽論と経絡の流れにおける関係

Part1 オフィスでツボ押しヨガ
東洋医学×ヨガの効果を、まずは座ってできる簡単ポーズで実感! からだを流れる「経絡」でも特にエネルギーが集中するとされる特効ツボを使うことで、さらなる巡り改善効果を狙っています。仕事中の凝りや疲れ、モヤモヤ不調を感じたときにもその場で実行されば、単なるストレッチとは異なる、すっきりした爽快感を得られるはず。
・ヨガの効果がさらにアップ! 12経絡の特効ツボ「原穴」を解説

Part2 経絡ヨガ
東洋医学の叡智と、ヨガの効果を融合して生まれたのが「経絡ヨガ」。滞った経絡に“気"を流し、その巡りを改善することを目的とします。大きな特徴は、心と体の健康を左右する「五臓六腑」をれぞれに対応する経絡を8つのゾーンに分け、これを深い呼吸とともに伸ばすこと。自分の体質や体調、目的に合わせてポーズを選べるのもポイントです。
・自分に必要なポーズは?経絡の詰まりがわかるCHECKテスト(手の経路・足の経路)
・経絡ヨガの効果をアップさせる「経路太陽礼拝」と「ウォーミングアップ」
・ゾーン別にポーズを詳しく紹介

Part3 お灸ヨガ
お灸は、古代中国において二千年以上も前にその理論が確立された東洋医学の伝統的な施術法。ツボ刺激が急性の症状に有効であるのに対し、慢性的な症状に、より効果があるとされています。温熱による刺激が経絡にスーッと浸透し、体がじんわりゆるんで温まる、その心地よさは格別。目的に応じたリラックスポーズで、疲れたからだと心を解き放ちましょう。
・鍼灸師が直伝! お灸ヨガのやり方
・初心者にもお薦めのお灸ガイド
・お灸ヨガQ&A
ページの先頭に戻る