日経BPブックナビ

続・モビリティー革命2030 不屈の自動車産業

価格 1,760円(税込)
ISBN 978-4-296-10758-2
発行日 2020年10月19日
著者名 デロイト トーマツ コンサルティング 著
発行元 日経BP
ページ数 244ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

3X時代を勝ち抜く新モビリティー戦略

2030年の自動車産業を取り巻く環境変化を定量的に予測した「モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造」の出版から4年が経過した。100年に1度といわれる大変革期の只中にある自動車産業は、当時の見立てをはるかに超えるスピードで変化している。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(Mobility as a Service)といった既存の概念だけでは、この荒波を乗り切ることは難しい。デロイト トーマツ コンサルティングは今回、CASEやMaaSの背景となる社会変化に立脚した新概念「MX(Mobility Transformation)」「EX(Energy Transformation)」「DX(Digital Transformation)」に着目する。もはや、“クルマ”だけに閉じた戦略は通用しない。モビリティー、エネルギー、デジタルの3大メガトレンドに対応した新戦略が求められている。自動車メーカー、部品メーカー、カーディーラーの各プレーヤーが激動の時代を生き抜く新戦略を考察する大ヒット“革命本”の第2弾。

■目次
はじめに
第1章 自動車を巻き込む大きなうねり「MX、EX、DX」
・3つのトレンド
・「MX」~人々の暮らしと移動の変化~
・「EX」~バリューチェーン全体でのCO2ゼロ化~
・「DX」~MX、EXの背景であり基盤~
・自動車を含むモビリティー産業への処方箋
第2章 モビリティーの先へ、自動車メーカーの目指すべき7つの方向性
・不都合な真実
・自動車メーカーが目指すべき7つの道筋
第3章 収益化に向けた自動車メーカーの今取るべき打ち手
・自動車メーカーを取り巻く環境変化と課題
・収益改善に向けた処方箋
第4章(前編) 欧州がもくろむゲームチェンジとしてのサーキュラーエコノミー
・サーキュラーエコノミー(CE)とは
・欧州が目指すゲームチェンジ
・静脈産業をてことしたCEエコシステム
・欧州自動車産業での静脈ビジネス
・日本企業の方向性
第4章(後編) 待ったなし!自動車業界におけるサイバーセキュリティー対応の展望
・クルマを取り巻くサイバー脅威の変遷
・サイバーセキュリティーにおける「協調」
・「協調」領域で求められる対応
・サイバーセキュリティーにおける「競争」
・企業の持続的成長に必要なセキュリティー対策
第5章 自動車部品メーカーにとって勝負を分ける次の10年~自ら針路を定め進むとき~
・自動車部品メーカーが直面する課題とは
・部品メーカーの理想と現実
・新たな試練の中で活路を見いだす
・9つの打ち手
・変革シナリオの確立
・変革シナリオの描き方
・実行時に直面するジレンマを解消するには
第6章 戦わずに共生する中小規模部品メーカーの生存戦略
・中小企業大国ドイツの先行事例に学ぶ
・付加価値創出に向けた新事業開発のABC
・オープン戦略と“他に真似のできない技術”への回帰
第7章 車両販売/メンテナンス事業者は猛烈な逆風下でいかに舵を取るのか
・販売/メンテナンス事業を取り巻く環境変化
・カーディーラーが実行すべき打ち手
・独立系プレーヤーが実行すべき打ち手
・打ち手実行に向けたポイント
第8章 今改めてモビリティー革命をリードする覚悟を持つ
・COVID-19がもたらす“New Normal”
・COVID-19による移動の在り方の変容
・COVID-19のMX、EX、DXトレンドへの影響
・COVID-19はモビリティー革命を停滞させるか
・今求められるビジネスモデルのリ・デザイン
・モビリティー革命をリードする覚悟を持つ
おわりに
ページの先頭に戻る