日経BPブックナビ

逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

価格 2,420円(税込)
ISBN 978-4-296-10733-9
発行日 2020年10月12日
著者名 楠木建、杉浦泰 著
発行元 日経BP
ページ数 272ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

「飛び道具トラップ」「激動期トラップ」「遠近歪曲トラップ」
経営を惑わす3つの「同時代性の罠」を回避せよ!
近過去の歴史を検証すれば、変わらない本質が浮かび上がる。
戦略思考と経営センスを磨く、「古くて新しい方法論」。
「ストーリーとしての競争戦略」の著者らの最新作!


これまで多くの企業が、日本より先を行く米国などのビジネスモデルを輸入する
タイムマシン経営 」に活路を見いだしてきた。
だが、それで経営の本質を磨き、本当に強い企業になれるのだろうか。
むしろ、大切なのは技術革新への対応など過去の経営判断を振り返り、
今の経営に生かす「 逆・タイムマシン経営 」だ。

そんな問題意識から、日本を代表する競争戦略研究の第一人者、
一橋ビジネススクールの楠木建教授と、社史研究家の杉浦泰氏が手を組んだ。
経営判断を惑わす様々な罠(わな=トラップ)はどこに潜んでいるのか。
様々な企業の経営判断を当時のメディアの流布していた言説などと共に分析することで、
世間の風潮に流されない本物の価値判断力を養う教科書「逆・タイムマシン経営論」を提供する。

経営判断を惑わす罠には、AIやIoT(モノのインターネット)といった
飛び道具トラップ 」、今こそ社会が激変する時代だという「 激動期トラップ 」、
遠い世界が良く見え、自分がいる近くの世界が悪く見える「 遠近歪曲トラップ 」の3つがある。
こうした「 同時代性の罠 」に陥らないために、何が大事なのか--。
近過去の歴史を検証し、「新しい経営知」を得るための方法論を提示する。

<目次(抜粋)>

第1部   飛び道具トラップ

第1章   「サブスク」に見る同時代性の罠
第2章   秘密兵器と期待された「ERP」
第3章   「SIS」の光と影
第4章   「飛び道具サプライヤー」の心理と論理
第5章   「飛び道具トラップ」のメカニズム

第2部   激動期トラップ

第6章   「大きな変化」ほどゆっくり進む
第7章   技術の非連続性と人間の連続性
第8章   忘れられた「革新的製品」
第9章   激動を錯覚させる「テンゼロ論」
第10章   ビジネスに「革命」はない

第3部   遠近歪曲トラップ

第11章   「シリコンバレー礼賛」に見る遠近歪曲
第12章   半世紀にわたって「崩壊」を続ける「日本的経営」
第13章   人口は増えても減っても「諸悪の根源」
第14章   海外スターCEOの評価に見る遠近歪曲
第15章   「日本企業」という幻想
ページの先頭に戻る