日経BPブックナビ

攻めと守りで変革を実現 DX最前線

価格 2,640円(税込)
ISBN 978-4-296-10653-0
発行日 2020年6月18日
著者名 日経クロステック 編
発行元 日経BP
ページ数 152ページ
判型 A4変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

日本企業のデジタルによる変革(デジタルトランスフォーメーション=DX)が待ったなしの状況となっています。コロナ禍でテレワークが常態となり、「ハンコ文化」に代表される紙をベースにしたやり取りもデジタルへの移行がようやく始まりました。

経済産業省が「2025年の崖」として、DXを進めないと25年以降に年間12兆円の経済損失が生じる可能性があるというレポートを公表してから約2年。今こそDXに真剣に取り組むべきときなのです。

とは言っても、デジタルによる変革というだけではあまりにも幅が広く、何から手を付けるのがいいのか途方に暮れてしまう人が多いのも事実。そこで本書ではDXの様々な事例や技術を紹介しています。

前半では「攻めのDX」として積極的に新しいことに取り組む企業の事例を取り上げます。

大手企業では日本生命がDXに真剣に取り組む1社。社長みずからが旗振り役となり、5カ年計画でデジタル化を進めています。その計画の全貌に迫ります。小売り現場でもAIなど様々な技術を使った革新を「洋服の青山」やパルコなどが進めています。負のイメージが強かったドローンも、ビジネスへの活用が始まっており、市場は急成長しています。ゲーム会社などが採用している「高速なソフト開発」の手法にも迫ります。また、デジタル化の障害となる壁がどこにあるか、デジタル化を推進するためには企業にどのような力が必要かについても具体例で紹介します。

新技術だけではなく、既存のシステムをネットに対応させていくこともDXの基盤として極めて重要なこと。本書では「守りのDX」として基幹系システムのクラウド化に取り組む事例や、そのポイントも紹介しています。

≪目次≫
第1部 攻めのDX
第1章 日本生命、怒濤のAI変革
第2章 過熱するリテールテック
第3章 ドローンテック -空飛ぶ魔法の「DXツール」が未来を変える
第4章 デジタル化の壁
第5章 ゲーム会社に学ぶ「高速リリース」の鉄則
第6章 開発力向上宣言! DXの現場2020

第2部 守りのDX
第7章 守りのDXに乗り出した先駆企業
第8章 2025年の崖を越える -基幹系を刷新しDXに乗り出す
第9章 さらば塩漬けERP
第10章 けちけちクラウド大作戦
ページの先頭に戻る