日経BPブックナビ

教科書には書いてない相続のイロハ

価格 660円(税込)
ISBN 978-4-296-10627-1
発行日 2020年3月16日
著者名 小谷亨一 著
発行元 日経BP
ページ数 192ページ
判型 B6変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

相続では、理性より感情が優先される。頭では理解したつもりでも、心情的に納得できないから揉めることになる。
子どもが平等に相続権を有する時代になり、子どもの意識も変化している。
揉めないためには、親が自分の相続の道筋を付け、子どもの納得感を高める準備をしておくことが大切--。
信託銀行で長年相続の現場に立ち会ってきた筆者が、豊富な経験を踏まえてつづった長寿時代の"円満相続"の指南書。

〈本書の内容〉
巻頭対談
深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)×小谷亨一さん(著者)
長寿時代で制度や金融商品も大きく変化、
家族間の相続で今一番大切なことは?

第1章
「資産承継」に関する考え方が大きく変わる
「円満承継」+αが求められる時代に

第2章
「仲がいいから大丈夫」は幻想
親族間承継がこじれる理由

第3章
長寿時代に向けた資産管理対策
「3つの見える化」

第4章
生前贈与や認知機能低下時の財産管理も!
長寿時代こそ「信託」を活用しよう

第5章
長寿時代に家族への想いの伝達をどうすべきか
遺言書とエンディングノートの活用

第6章
プロが見てきた"財産管理と相続の落とし穴"
それぞれの立場で起こることを考えよう

第7章
充実した人生を送るために欠かせない
長寿時代の「3つのコミュニケーション」

巻末付録「遺言書」の書式例
ページの先頭に戻る