日経BPブックナビ

ACP入門 人生会議の始め方ガイド

価格 2,970円(税込)
ISBN 978-4-296-10600-4
発行日 2020年4月27日
著者名 西川 満則、大城 京子 著
発行元 日経BP
ページ数 172ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

尊厳ある人生の最終段階を過ごしてもらうためにも、本人の希望を事前に確認しておくこと、すなわちアドバンス・ケア・プランニング(ACP、人生会議)の実施が医療介護現場で求められています。本書は、その入門書かつ実践マニュアルとして、ACPとは何か、どうすればACPを実践できるのかを、難しい倫理の話はさておき、分かりやすく、かつ楽しく解説します。

最大の特徴は、医療介護現場でよくある症例を取り上げ、ACPの進め方を会話形式で紹介しているところ。この会話集は明日から現場で活用できる台本にもなります。会話集を頭に入れて話を始めるだけで、あら不思議、すぐにだれでもACPを上手に実践できるようになります。なぜなら、本書は、日本の先駆者として日々現場でACPを行っている医師とケアマネジャーが、そのノウハウをあますことなく披露している一冊だからです。

特にお薦めしたい方々として、
◎その1:終末期について話をすることは「縁起でもない」とタブー視されることが多いため、そもそも、ACPの会話をどう切り出していいかも分からないあなた。本書には、患者・利用者に嫌がられることなく、自然に話を切り出すための話術が紹介されています。苦手だったACPの会話がスムーズに、かつ明るく進められるようになるだけでなく、スキルを身につけることで、患者・利用者から信頼される人になれます。

◎その2:医師、看護師、ケアマネジャー、介護士など様々な職種が関わる終末期。医療者の間で意見が割れ、悩まれているあなた。みんな真摯に向き合うからこそ、意見が割れる。そんな場面を丸く収める、とっておきの方法も紹介します。

≪主な内容≫
[理論編] ACPを頭とハートで理解する
ACPって何ですか?
ACPの理論は分かった、でもどうやるの?
本人にとっての最善の考え方
本人にとっての最善をどう実現する?
意思決定能力って何だろう
代弁者の決め方
情報をつないでACPの実現を
[実践編] ACPをやってみる(ロールプレー付き)
ACPの進め方
コミュニケーションの基本
「もしものとき」について一緒に考える
代弁者を尋ねて、どこまで委ねたいかを確認する
代弁者と医療選択について話し合う
ページの先頭に戻る