日経の本 日経BP

TOPICS

テスラ「モデル3/モデルS」徹底分解【電池編】

価格 1,100,000円(税込)
ISBN 978-4-296-10382-9
発行日 2020年3月16日
著者名 日経BP総研 クリーンテック ラボ/日経 xTECH 監
発行元 日経BP
ページ数 169ページ
判型 A4

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

新旧セルを徹底比較。5万km走行したモデルSのセルの劣化を分析

電気自動車として専用設計されたテスラの「モデル3」「モデルS」に搭載されているLiイオン2次電池に焦点を当てて、専門家が徹底的に分析調査しました。

テスラには円筒型セルが搭載されています。モデルSには「18650」と呼ばれている直径18mmx長さ65mmのセルが、モデル3には「2170」と呼ばれている直径21mmx長さ70mmのセルを採用しています。

本レポートでは、電池パックからの分解調査をはじめ、電池セルの充放電特性や高レート特性、サイクル特性、高温保存特性など様々な特性を評価しました。また、分析装置メーカーや専門家の協力を得てセルを構成する正極と負極、セパレーターの材料分析を実施しています。さらに、5万kmを走行したモデルSに搭載されていた電池セルの分析調査も併せて実施し、劣化要因についても分析しました。

主な内容
◆第1章 総論
1-1 モデル3/モデルSの概要
1-2 電池パック
1-3 電池モジュール

◆第2章 モデル3の電池セル評価
2-1 セル分解3
2-2 セル特性
2-3 正極分析
2-4 負極分析
2-5 セパレーター

◆第3章 モデルSの電池セル評価
3-1 セル分解
3-2 セル特性
3-3 正極分析
3-4 負極分析
3-5 セパレーター
3-6 劣化分析(5万km走行後のセル分析結果)

◆第4章 モデル3とモデルSのセルの比較評価
4-1 セル構造
4-2 セル特性
4-3 正極
4-4 負極
4-5 セパレーター

※内容は変更になる場合があります。

★本レポートをオンラインで閲覧・検索できる「オンラインサービス」とのセットもご用意!
詳細・お申込はこちら
ページの先頭に戻る