日経BPブックナビ

慶應義塾大学大学院SDM伝説の講義

価格 1,980円(税込)
ISBN 978-4-296-10288-4
発行日 2020年1月14日
著者名 吉田 篤生(著) 
発行元 日経BP
ページ数 320ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)
伝説の講義を紙上で再現!

経済、ビジネス、科学技術、政治、コニュニティ……。現代社会の複雑な諸問題を解決するためには、部分に特化した専門知識だけでは不十分で、分野を横断した全体統合型の学問=SDM学(システムデザイン・マネジメント学)とその実践が注目を集めている。こうした時代の要請に応えるため、2008年に設立されたのが慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶應SDM)だ。社会のニーズを考慮しつつ、多様な分野についてシステムの観点から研究に取り組み、問題解決に挑んでいる。

その慶應SDMで、2011年から2017年までの7年間、学生の間で絶大な人気を博し、今なお「伝説の講義」と呼ばれている名講義を紙上で再現したのが本書だ。
ベースとなったのは、吉田篤生元特別招聘教授による「経営・財務戦略論」。混沌とした現代社会にあって、「我々はいかに生き、どのように仕事をし、企業のリーダーや経営者たちは、どのような方向に舵を切り、企業を牽引するのがよいか?」。凄腕税理士として経営の最前線で得た豊富な経験と物理学や哲学を始めとする幅広い知識をSDMのフレームワークで再整理し、問題の核心に鋭く迫り、未来の指針へと昇華させている。

「経営財務の講義だと思っていたが、それだけでなく人生哲学を教えてもらった」と言うのは、本講義を受講したある修了生の感想。企業の本質とそこで活躍するためのヒントが散りばめられた本書は、企業経営者はもちろんのこと、起業希望者やビジネスパーソン、これから社会に出る学生など、幅広い読者にとって“新たな発見”を見出すことができる「伝説の講義録」となっている。

■主な内容
序章 慶應SDMとの出会い
第1章 私たちはどのような時代を生きているのか
第2章 企業経営の本質と永続経営体モデル
第3章 不易流行の経営と継承
第4章 中小企業の現場に学ぶ
第5章 歴史物語としての経営と会計
第6章 経営危機に陥ったある企業の闘い
第7章 激変する時代に生き残る金融機関
第8章 経営問題解決へSDM的視点を
第9章 大転換期での日本の役割

■著者紹介
吉田篤生:よしだ・あつお
吉田篤生会計事務所所長・税理士
元慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授。

1947年神奈川県生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒。1975年吉田篤生会計事務所設立所長就任。2011年慶應義塾大学大学院SDM研究科特別招聘教授就任。2018年からSDM研究所顧問。
税理士としての高度な専門性を追求する傍ら、経営者に寄り添いパートナーとして様々な問題解決に取り組んできた。会計を会計言語を通して語られる人間の歴史物語と捉え、独自の「会計物語論」を展開している。
企業経営がそこに存在する人間の歴史物語であれば、自然界の大きな生命システムの中で考えるべきであり、企業経営システムと生命システムの間(はざま)に目を向ける必要があると説いている。
ページの先頭に戻る