日経BPブックナビ

小説 第4次産業革命 日本の製造業を救え!

価格 1,728円(税込)
ISBN 978-4-8222-8965-2
発行日 2019年4月22日
著者名 藤野 直明 ,梶野 真弘 著
発行元 日経BP社
ページ数 264ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

国内二五〇カ所を超える工場を訪ね歩いてきた製造業コンサルタントである著者らが、危機感の乏しい日本企業に警鐘を鳴らす本邦初の理系ビジネス小説。
カムシャフトやエンジン・ケーシングを大手自動車部品メーカーに納めている横浜市の中堅部品メーカー、ケイテックは、ホシダ技研の次期モデルのカムシャフト受注を逃してしまう。それに追い打ちをかけた「事件」が起きる。
次世代エンジンに使用する新しい技術をもつケイテックに目をつけたドイツの世界的な自動車部品メーカー、ボルツ社から大型商談が舞い込んだのだ。ケイテックは念願の世界進出と意気込むが、調達前資格審査で落選してしまう。生産管理システムが弱点として指摘された。
二度にわたる大きなダメージにケイテック二代目社長・藤堂敬介は、大学時代のラグビー仲間である産業用システムインテグレーター、KWエンジニアリング社長・河島健一に相談する。
そこで第4次産業革命という日本の製造業の基盤を揺るがす世界的な潮流に目を開かされる。藤堂は、世界的なメーカーの生産ラインを手がける福岡市の浦田機工・浦田理恵社長に助けを求めた。
ケイテックをデジタル化・サービス化を梃子に大改革する藤堂敬介の果敢な挑戦が始まる。

第1章 顧客が消える!
第2章 ドイツからの商談
第3章 新日独同盟論
第4章 ケイテック改造計画
第5章 スマート工場・プラットフォーム企業への飛躍
第6章 モデルベース開発
第7章 遠隔工場プラン
終章 フォースサポート、東証マザーズ上場

▲コラム バズワードではないリアルな世界の潮流
▲コラム 欧米が学んだ日本の工場
▲コラム ERP活用をめぐる日本企業の「失敗」
▲コラム なぜスマート工場を実現するのか?
▲コラム 第4次産業革命のポイント解説
▲コラム 「刷り合わせ」からの決別
▲コラム 工場の制服の色が変わる!
▲コラム 九州の先端企業 三松、グルーヴノーツ、平田機工
▲コラム 製造業に先行するアパレル業界のバリューチェーン・デジタル化
▲コラム 「ハノーバーメッセ2018」で注目された駿河精機
▲コラム JUKI、島精機、セーレン
▲コラム SAPの最先端プラットフォームHANA
▲コラム 安倍総理のハノーバー宣言とオープンイノベーション
▲コラム 国際物流における第4次産業革命でも出遅れた日本
ページの先頭に戻る