日経BPブックナビ

この1冊でまるごとわかる 5G&人工知能ビジネス2020

価格 1,650円(税込)
ISBN 978-4-296-10512-0
発行日 2019年12月17日
著者名 日経クロストレンド 編
発行元 日経BP社
ページ数 132ページ
判型 A4変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

2020年の2大技術トレンド「5G」と「AI」の最新動向がこれ1冊でわかる!

実験室を飛び出た人工知能(AI)が街中に広がっている。
いつも行く店にも、朝から晩まで使うアプリにも、毎日の仕事場にも……。
AIは確実に人々の生活を変え、社会に浸透し始めている。
AIの進化を加速させる役割を果たすのが、高速大容量・低遅延・多接続が特長の次世代通信「5G」だ。
AIと5Gは両輪となり、あらゆるビジネスを変えていく。
本ムックでは、2020年の2大技術トレンド「5G」と「AI」の有力企業による最新の取り組みを幅広く取り上げる。
一歩先の未来を見通すためのキーワードを専門家が解説するほか、AIを体感できる街中のスポットも紹介する。

≪主な内容≫
●Chapter1   街中で体感! 東京+首都圏AIマップ2020
・「懐かしの曲」解説も聞ける   AIカラオケで歌選び
・フードコートの人気者   たこ焼きロボが調理ショー
・AIが仕事探しの本音を引き出す   性格分析による「適職診断」も
・AIパーソナルトレーナーが最適な運動プログラムを指導
・深層学習+メガネ   AIが試着した顔を合成
など

●Chapter2   始動「5G」未来を変える新ビジネス
・「1ギガ超」で体感速度6倍 繁華街でも数百メガが出る
・隊列走行やリモート監視 5Gで運輸ビジネスが一変
・5G、AI、4Kは現代版「三種の神器」
・ドコモの5G通信が正念場 プレサービス「半年」の理由
・伝統のロックフェス 最前列へ5Gでダイブ
・国際試合のアリーナに 5Gゴーグル集団現れる
など

●Chapter3   米国・中国で広がる驚異のAI活用法
米ウォルマート:店内にカメラ3000台以上 3万アイテムの在庫を管理
米フェイスブックほか:ピザの焼き具合を画像認識 AI調理で自動化を目指す
中国ファーウェイ:小型中継装置やドローン警察 上海で見たファーウェイの実力
など

●Chapter 4   先端ディープラーニング活用事例
キユーピー:低コストのAI食品検査 競合の食品会社にも提供へ
名古屋グランパス:スタジアム入場で顔パス実験 驚きのマーケ効果
など

●Chapter 5   最先端を学ぶキーワード解説
AI(人工知能)、AIと倫理、RPA、5G技術、5G対応スマホ、デジタルツイン、xR、アバターロボット、量子コンピューター、家庭用ロボット

●Chapter 6   文系でもスイスイ分かるAIの新常識
・何が違う!? 機械学習とディープラーニング
・「教師あり」と「教師なし」の違いが言えますか?
・深層学習は一体何が「ディープ」なの?
・ディープラーニングはどうやって学習している?
・AIに仕事を奪われる? 技術の進化が生む職業とは
など
ページの先頭に戻る