日経の本 日経BP

TOPICS

医療・健康データドリブン総覧

価格 330,000円(税込)
ISBN 978-4-296-10497-0
発行日 2019年12月26日
著者名 日経BP総研 メディカル・ヘルスラボ(調査) 
発行元 日経BP
ページ数 約240ページ
判型 A4判

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

データが生む予防・個別化医療の「新産業」を徹底解説
価値を生み出す「データベース」「スタートアップ」を総覧


『医療・健康データドリブン総覧』は、医療と健康のデータが作る新産業が生まれる背景、その現状、未来像、そして周辺産業への影響についてが、すべてわかる実用リポートです。BP総研の医療ビッグデータの研究会の知見をベースに、ヘルスケア領域のデータドリブンビジネスの真っただ中にいる大学教授、医療研究機構の担当者、製薬企業内の識者らと、研究員が執筆。経験や研究の蓄積をベースとした従来の医療や創薬が、リアルワールドデータの体系的な蓄積により、予防医療・個別化医療などに破壊的に再構築される道筋がわかります。病院、製薬、ヘルスケア関連製造業、自治体、教育機関までヘルスケア分野での事業設計に役立ちます。

■レポートの特徴
1)データドリブン先進国の実例がわかる
2)日本のデータベースの全容・特徴がわかる
3)データドリブンスタートアップのビジネスモデルがわかる
4)電子カルテ、PHRの未来がわかる
5)個人医療データ分野の法律課題がわかる

■編集者メッセージ
ヘルスケア分野で、診療に関わるビッグデータ、生活にかかわるリアルワールドデータ、個人に集積するパーソナルヘルスレコードを基盤とした新産業が勃興している。医療に対しての公費負担率の高い日本では、データの解析と利活用を加速するために政府も積極的な施策を打ち出している。これらが進めば、予防医学や個別化医療を進める新たな産業とインフラの構築が可能となる。医療ビッグデータという言葉が、もてはやされて早5年。ようやく使えるデータ使えないデータの峻別や、新たな実用ベースのデータ構築がスタートを切った。いまこそ、ヘルスケア領域のデータドリブンビジネスが見渡せるようになっている。病院、製薬、ヘルスケア関連の製造業、自治体、教育機関までヘルスケア分野でのデータビジネスに必然的に向き合う企業・団体、これから積極的な事業化を検討する企業・団体に必携の総覧です。

★本レポートをオンラインで閲覧・検索できる「オンラインサービス」とのセットもご用意! お申込はこちら
ページの先頭に戻る