日経の本 日経BP

TOPICS

SDGs時代の課題解決法 インクルーシブデザイン

価格 1,980円(税込)
ISBN 978-4-296-10452-9
発行日 2019年12月23日
著者名 井坂 智博 著
発行元 日経BP
ページ数 214ページ
判型 四六判

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

アップル、MS、アマゾンも……
グローバル企業で活用されるイギリス発祥のデザイン思考
独自ワークショップの威力とは


イノベーションを起こすための力をどのように鍛えていけばいいのか-。
本書では、今後我々が直面する超高齢社会などを見据えて、
SDGs(持続可能な開発目標)時代における「イノベーション力」を
向上させるための方策、課題解決法について紹介します。

ベースとなるのは「インクルーシブデザイン」の方法論です。
英ケンブリッジ大学発の方法論で、筆者が経営するインクルーシブデザイン・ソリューションズでは、
それに米スタンフォード大学の「デザイン思考」を組み合わせて、日本流のワークショップ
「インクルーシブデザイン・ワークショップ」として国内で独自に展開しています。

ワークショップでは、商品やサービスを開発するプロセスを体験していきます。
その過程で、高齢者や体の一部が不自由な障害者といった
「リードユーザ」を巻き込む(インクルードする)のが特徴です。
私たちはリードユーザを、障害を持ち日常生活に不便を感じながらも、
その解消のために創意工夫をしている人たちと定義しています。
健常者だけではない、制約条件を持った人の視点を取り込むことで、
機能的で先進的な商品やサービスを実現することも可能になります。

実はこうしたリードユーザが自分の障害について話せば話すほど、
聞き手には未来の超高齢社会の姿などが見えてきます。
私たちが高齢者となって将来遭遇し得る障害はどのようなものなのか、
いわば、未来に起こり得る社会課題がリアルに理解できるのです。
そうした、トレンドを一歩も二歩もリードしているという意味で、
リードユーザと呼んでいるわけです。
またリードユーザには、不便を楽しむという概念もあります。
少々不便でも、それをどうやって楽しむのか。そうしたことは、
これから環境制約や身体制約がどんどん進んでいく社会の中では素晴らしいお手本になります。
ビジネスをしていく企業にとっても非常に参考になるのです。

私たちが開発したワークショップの手法には様々な工夫が凝らしてあり、
段階を追って体験していくことで、参加者は未来の社会的課題を見据え、
問題定義の糸口がつかめるようになっています。
本書では、これから求められる未来思考型リーダーの人材像をベースに、
SDGs 時代の課題解決を進めるためのインクルーシブデザインの方法論、
具体的なワークショップの手法などについて解説します。
このようなイノベーション力の向上と併せて、SDGs時代における企業組織の持続的な発展、
また超高齢社会とどのように共生すべきか、その可能性についても探っていきます。

<目次>
プロローグ

第1章   インクルーシブデザインの威力
1-1   インクルーシブデザインと「リードユーザ」を理解する
1-2   インクルーシブデザインの好事例
1-3   インクルーシブデザイン・ワークショップの手法

第2章   実践   インクルーシブデザイン・ワークショップ
2-1   ワークショップの進め方
2-2   ステップ1   フィールドワークで「観察」する
2-3   ステップ2   「問題定義」をしてみる
2-4   ステップ3   「アイデア」を膨らませる
2-5   ステップ4   「プロトタイプ(試作品)」をつくる
2-6   ステップ5   「テスト」をして評価する
2-7   インクルーシブデザインを成功させるには

第3章   「未来思考型リーダー」になるために
3-1   求められているのは現在と未来、「両軸」の考え方
3-2   両軸で考えられる力を身に付けるには
3-3   「未来の問題定義」は市場優位を生み出す
3-4   未来思考型リーダーの行動様式とは
3-5   組織の問題を乗り越える
3-6   企業が変われば社会も変わる

特別インタビュー   生活者と未来に向き合うリーダーとは
花王におけるモノづくりとインクルーシブデザイン
花王   取締役常務執行役員   松田 知春 氏

エピローグ
ページの先頭に戻る