日経BPブックナビ

歴史の失敗学 25人の英雄に学ぶ教訓

価格 1,760円(税込)
ISBN 978-4-296-10428-4
発行日 2019年10月28日
著者名 加来耕三 著
発行元 日経BP社
ページ数 256ページ
判型 四六判

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

・明智光秀は、なぜ "絶好のチャンス" を生かし切れなかったのか。
・夢ではなかった黒田官兵衛の "天下取り" が消えてしまった一言。
・のちの関ヶ原の戦いに生かした、徳川家康の失敗とは?
・山陰の太守、尼子と、名門甲斐武田の家が続かなかった共通点…

--歴史上の英雄たちも失敗しています。

歴史家の加来耕三氏が、独自視点の軽快かつ濃密な歴史物語で
25人の英雄たちの "知られざる失敗の原因" を明らかにし、
現代に通じる教訓を浮かび上がらせました。

見逃しがちな落とし穴、絶対に失ってはならない大切なものを見極める技、
避けられない危機を最小限に食い止める対処法…
失敗に学べば、「成功」「逆転」「復活」の法則が見えてきます。

≪目次≫

第一章   天下取りを逃した傑物

本音を漏らしたための大失敗「すべてうまくいくはずだった黒田官兵衛」
理念先行が実利主義に敗れるとき「時をかけて武将を従えた家康に負けた石田三成」
才能より信頼「後世に名を残すしかなかった真田幸村」
攻める事業も継続は簡単でない「曹操 ~三国志・赤壁の戦い~」

第二章   部下や身内の心を読めなかった天才

優秀ゆえの近視眼「下剋上に踏み切れなかった太田道灌」
切れすぎるリーダーの悲劇「閃きが理解されなかった上杉謙信」
身内の敵に気付かなかったミス「浅井長政は中立と読んだ織田信長」

第三章   分をわきまえられなかった逸材

成果への固執「兄・頼朝の心が読めなかった源義経」
最後は身体「自分の健康を信じすぎた豊臣秀吉」
絶好のチャンスも先がなくては生かせない「"天下布武"には到底及ばなかった
明智光秀の三日天下」
目的が中途半端さゆえの過ち「韓信 ~"国士無双"最後の嘆き~」

第四章   後継リーダーを育てられなかった名将

孫かわいさに教育を怠ったその末路「下剋上で太守になるも承継できなかった尼子経久」
甲斐源氏嫡流、武田氏滅亡の主因「第四次川中島の戦いで実弟・信繁を失った武田信玄」
孫では間に合わない「文武の若武者、信親を失った長宗我部元親」

第五章   思い込みを省みない一徹者

多勢が勝つの思い込み「情報戦を軽んじた今川義元」
新たな時代到来の不覚「織田家の行く末を考え、足をすくわれた柴田勝家」
"中立"はなかった「勇ましさに流された長岡藩士・河井継之助」

第六章   現状に甘んじたふがいなさ

気働きができなかった報い「クビになった織田家方面軍司令官   佐久間信盛」
先代が残した最強の城も無力化「最後まで戦場に姿を見せなかった総大将・豊臣秀頼」
セキュリティーを怠ることの恐怖「薩長同盟に逆転を許した徳川慶喜」

第七章   時代に翻弄された瞑想者

選択肢はもうなかった「自ら生命を絶つ千利休最後の思い」
時代を変えながら時代に呑まれる「最後は天命を待つのみとなった西郷隆盛」

第八章   失敗で問われる「学ぶ」姿勢

関ヶ原を制した導因「三方ヶ原の大敗北から学んだ徳川家康」
失敗後も情勢を察知しチャンスを待つ「関ヶ原の敗戦から返り咲いた奇跡の武将、立花宗茂」
失敗に学び時代を先取り「先駆けの功を咎められて転身した石川丈山」
ページの先頭に戻る