日経BPブックナビ

“きれいな字”の絶対ルール

価格 1,512円(税込)
ISBN 978-4-296-10154-2
発行日 2019年2月11日
著者名 青山浩之 著
発行元 日経BP社
ページ数 216ページ
判型 四六判

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

「年相応の“大人っぽい字”を書きたい」
「人前で書いても恥ずかしくない字にしたい」
「『字がお上手ですね』と言われてみたい」。
こんなニーズに最短・最速で応えます!

本書では“きれいな字”を書くための「具体的な方法論」を提示しています。
特徴的なのは、「自分が書く字の悪いクセに自分で気づき、自分で直せる」方法だということ。
お手本の字を何度もなぞって体に染み込ませる改善法もありますが、時間と手間がかかるので本書では勧めません。

大事なのは“きれいな字”を「理論で学ぶ」こと。
文字の形が崩れてしまう理由は何か。文字の形を整えるために必要ことは何かーー。

“きれいな字”にはルールがあります!
それを学び、実践するのに時間と手間はかかりません。
早速、試してみませんか。

≪主な内容≫
【第1章・意識改革】
あなたの字は見られている
◆「どう受け取られるか」を考えている?
◆2人に1人が「手書きコンプレックス」
◆文字が崩れてしまう2つの理由
◆誰もが陥る“3大悪筆”とは?
<column>6つの「ビジネススキル」も同時に高まる

【第2章・基礎理論① 字形・配列】
「手書き改善3 大メソッド」を実践
◆「スキマ均等法」でバランス調整
◆「ピタ・カク・ピト法」で“丁寧”に
◆「中心線串刺し法」で真っすぐ書く
◆見栄えのよいレイアウト、5つのルール
<column>「文字の表情」で気持ちを伝える

【第3章 基礎理論② ペンのコントロール】
実はここで決まる「書きやすさ」
◆書きやすいのは「三角持ち」
◆「両腕ハの字」で書きやすい姿勢に
◆練習用には「太芯シャープ」がオススメ
◆「ぐるぐるストレッチ」で毎日柔軟
<column> ホワイトボードできれいに書くコツは?

【第4章・応用理論① 漢字】
漢字は点画の「組み立て方」が大事
◆点画ルールを学び、漢字をきれいに
◆「気持ち右上がり」で書く
◆バランスの取りにくい「必」「子」
◆「漢数字」や「単位」も確認
<column> 「筆順」は直すべき?

【第5章・応用理論② ひらがな・カタカナ】
書く頻度が高い「ひらがな」を攻略
◆「ひらがな」を改善すれば7割きれいに
◆字源で「形の理由」がわかる
◆カタカナは「払い」をマスターする
◆苦手な文字をランキング形式で発表!
<column> 女性の方が字はきれい?

【第6章・超実践ルール】
ひらがな・カタカナ完全マスター
◆苦手な文字から直していこう
◆「気持ち右上がり」で書く
◆ひらがな編(あ~ん)
◆カタカナ編(ア~ン)
ページの先頭に戻る