日経の本 日経BP

TOPICS

資金調達の“壁”を打ち破るライツ・オファリングメソッド

スモールカンパニーの成長戦略

価格 1,650円(税込)
ISBN 978-4-8222-5692-0
発行日 2019年4月22日
著者名 株式会社エー・ディー・ワークス 常務取締役CFO 細谷佳津年 ライツ・オファリング取材班 著
発行元 日経BP
ページ数 176ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

ライツオファリングについて概説する決定版といえる書籍

中小企業にとってはライツ・オファリングこそが最も適した増資手段ー。
公募増資や第三者割当増資といったいわゆる「一般的な」エクイティ・ファイナンスの実施が難しい、
時価総額の小さい企業が成長していくための一つの道筋として、ライツ・オファリングという手法の利点を詳細に解説。
同社がライツ・オファリングを実施した理由、それぞれの経緯を紹介すると共に、日本におけるライツ・オファリングの問題点はどこにあるのか、
そして本来あるべき姿とは何かを示す、ライツ・オファリングを知る決定版となる書籍。

■もくじ
Prologue ライツ・オファリングは日本に根付くのか

→あなたが増資についてあまりご存知ではないなら、
ここから順番にお読みください
Capter1 経営を左右する資金調達

→基本は知っています。スタート・アップ企業ならIPOでしょ?
と思った方は、ここからお読みください
Capter2 IPOは救世主たり得るのか

→一般的な増資手法は知っているけれどライツ・オファリングは
聞きなれない言葉だな、という方はここからお読みください
Capter3 ライツ・オファリングとは何か

→まずは実例を知りたい! というはここからお読みください
オーナー経営者の方はここに注目!
Capter4 エー・デイー・ワークスのライツ・オファリングヒストリー

→ライツ・オファリングって評判の悪い増資ではないの? という方はここをお読みください
Capter5 日本経済新聞社特ダネ記者がみたライツ・オファリングの裏側
     ~ライツ・シュザイハンインタビューより~

→ノンディスカウント型が話題になったのはなぜ?
常識破りの設計がワークした秘密とは?
Capter6 新たな挑戦「行使価額ノンディスカウント型」

→まだ他にもライツ・オファリングの種類があるの?
と驚かれたならここをお読みください    
Capter7 秘話、目指したのはこれではなかった!

→まず第三者の見方を知りたい方はここからどうぞ!
Capter8 投資家は、どう評価しているのか
ページの先頭に戻る