日経BPブックナビ

影響力を数値化 ヒットを生み出す「共感マーケティング」のすすめ

価格 1,620円(税込)
ISBN 978-4-296-10131-3
発行日 2018年12月10日
著者名 福田 晃一 著
発行元 日経BP社
ページ数 216ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

インフルエンサーが「共感」を創る!
明確なKPIの採用が、マーケティングの質を変える!

インフルエンサー・マーケティングを成功に導く
理論と手法を丁寧に解説


本書では、豊富な事例を通して、効果的なインフルエンサー・マーケティングのノウハウを解説します。
「共感指数」という独自の評価指標を使い、それぞれのマーケティング活動に最適なインフルエンサーを選び出し、効果の高いクリエイティブを生み出す方法も提案。

SNSを使ってインフルエンサー・マーケティングの影響力を高め、コストパフォーマンスの最適化を目指すマーケティング担当者、販売責任者、経営者の必読書です。フェイスブックジャパン 代表取締役・長谷川晋氏との対談も収録。


<本書の内容>
Chapter 01 なぜ、マーケティングに「インフルエンサー」が必要か
●マスメディアを超える告知効果をインフルエンサーが生み出す
●フォロワー数だけでは測れない、インフルエンサーの実力

Chapter 02 「共感」がもたらす新しい消費の広がり
●消費者×プロモーターのプロシューマーを作り出す「起」「承」「転」「結」
●共感を原動力にして生まれる「雰囲気売れ」

Chapter 03 インフルエンサー・マーケティング成功の秘訣
●SNSで消費に影響力を発揮するのは「感性に共感」できる人による投稿
●秘訣はインフルエンサーの使い方に。「雑誌の編集長」に見立てて付き合おう

Chapter 04 インスタグラムをビジネスに役立てる
●「売る」「買う」の双方向でコミュニケーションできるインスタグラム
●効率よく効果を得るには、アカウントのコンセプトやクリエイティブが大切

Chapter 05 なぜ共感を呼ぶのか、新概念「共感指数」で分析・評価
●共感を構成する5つの指標は「範囲」「承認」「発見」「参考」「印象」
●組むべきインフルエンサーを見つけ出すため、指数で客観的に評価

Chapter 06 共感指数を上げるための適切なインフルエンサー選び
●インフルエンサーの得意分野を生かした成功事例を紹介
●その時に重視する共感指数の指標を明確に

Chapter 07インフルエンサー・マーケティングの現在と未来
<対談>長谷川 晋 氏 フェイスブック ジャパン代表取締役
福田晃一 LIDDELL 株式会社 代表取締役CEO
●インスタグラムは「発見」のためのメディアに
●共感獲得には、クリエイティブの出来栄えも重要

ページの先頭に戻る