日経BPブックナビ

日経BP総研2030展望 ビジネスを揺るがす100のリスク

価格 2,160円(税込)
ISBN 978-4-8222-5617-3
発行日 2018年10月29日
著者名 日経BP総研 編著
発行元 日経BP社
ページ数 288ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

これを知らずして経営や事業はできない
ビジネスを揺るがすリスク100件を
日経BP総研の研究員が徹底分析!


思わぬことが起こり、前提が崩れ、ビジネスを揺るがす。
リスクとは「目的に影響を与える不確実な何か」です。
本書では、2030年を見据え、知っておくべきリスクを探り、解説します。
先んじて手を打つことでリスクをチャンスに変えられます。

従来のリスクマネジメントが形骸化している現状を踏まえ
新手法「アサンプションマネジメント」を提案します。

◆経営者、事業責任者が注視すべきリスクは何か?
日経ビジネス、日経エレクトロニクス、日経コンピュータなどの編集長や
記者経験者など総勢80人を抱える日経BP総研が研究員の知見と人脈を生かし、
2030年に向かってビジネスを揺るがしかねないリスクを100件抽出、解説します。

世界がつながる「オープン化」といったメガトレンド、「自動運転」や「AI(人工知能)」をはじめとする「ゲームチェンジングテクノロジー」、経営の新ルール「ESG」、働き手と消費者の動向「人財不足」「格差社会」など、10分野のリスクを展望します。

◆迫りくるリスクにどう対処したらよいのか?
リスクを危険ととらえ、対処しようとしても後ろ向きになります。
リスクをチャンスとみなし、前向きに取り組む「アサンプションマネジメント」を提案します。

<主な内容>
1章 BP総研が選ぶ10大リスク
2章 オープン化 世界はつながり、何が起きるかわからない
3章 ゲームチェンジングテクノロジー 競争条件を一変させる新技術
4章 ESG 環境・社会・ガバナンスの新ルール
5章 人財不足 質量ともに足りない働き手
6章 自動運転 デジタル化・サービス化が産業を再定義
7章 格差社会 中間層はもういない
8章 都市スラム化 インフラ老朽化がもたらすもの
9章 コミュニケーション不全 ネット時代に存在感ゼロ
10章 AI(人工知能)利用 ITに伴う懸念
11章 リスクをチャンスにするために
ページの先頭に戻る