日経の本 日経BP

TOPICS

そうじ資本主義

日本企業の倫理とトイレ掃除の精神

価格 1,870円(税込)
ISBN 978-4-8222-5101-7
発行日 2015年8月10日
著者名 大森 信 著
発行元 日経BP
ページ数 240ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

「凡事徹底」忘れるなかれ--。
本田宗一郎は昭和28年、ホンダ社内報の創刊号で「働らく者の徳義心」と題して掃除や整理整頓の大切さを説き、松下幸之助は大正12年、正月を前にして工場のトイレを自分で掃除した。名経営者はなぜ掃除にこだわったのか?
20世紀初頭、ドイツの社会学者マックス・ウェーバーは、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の中で、禁欲的なキリスト教徒たちが近代資本主義の発達を支えたことを解き明かした。同時にウェーバーは、儒教の国では近代資本主義を発達させる原動力が働かないと指摘した。
しかし日本は、欧米とは違う「精神」を支えとして、資本主義を発達させてきた。その「精神」は、トイレ掃除の中に隠れているのである。
ページの先頭に戻る