日経の本 日経BP

TOPICS

ソフトウェア要求 第3版

価格 7,150円(税込)
ISBN 978-4-8222-9839-5
発行日 2014年11月4日
著者名 カール・ウィーガーズ(著)、ジョイ・ビーティ(著)、渡部 洋子(訳)、宗 雅彦 監
発行元 日経BP
ページ数 744ページ
判型 B5変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

 米国でJolt & Productivity Awardを受賞した要求開発のバイブル「ソフトウェア要求」の最新版。約10年ぶりとなる第3版での新規の内容は以下のとおりです。
・アジャイルプロジェクトにおける要求に関わる検案についての章を新規追加
・書籍全体を通した多くの章において、アジャイルプロジェクトで特定のプラクティスを適用する方法について記述
・特定のレポートやダッシュボードに含まれるデータ要求についての章を追加
・要求の再利用についての章を追加
・特定のタイプのプロジェクトにおける要求の章を設けた:ビジネスプロセス自動化、パッケージソリューション、リプレースにおける追加要求、アウトソーシング・プロジェクト、ビジネスアナリティクス、組み込みシステムやリアルタイムシステム
・要求開発ツールや要求管理ツールに関する検討を拡張
・テンプレート、チェックリスト、スプレッドシートツールやその他、補完情報の改訂および新規追加

 本書は10年間の要求開発を取り巻く技術トレンドの変遷をカバーしていますが、そのトレンドの1つは「ビジネスアナリシス」に関わるものでしょう。本書ではさまざまな章でビジネスアナリシスについて言及するのみならず、「ビジネスアナリスト」について新たに第4章を設けています。この10年間に欧米から始まって「ビジネスアナリシス」に対する認知が高まり、「ビジネスアナリシス」のプラクティスが要求開発のプラクティスとして重要視されてきていることをうかがい知ることができます。事実本書では、非営利団体IIBA(International Institute of Business Analysis)が開発・刊行する「BABOK(ビジネスアナリシスの知識体系ガイド)」を頻繁に参照しています。

 多様なソフトウェア開発プロジェクトの要求開発(要求分析/RFP)に携わるすべてのSE/ICT技術者に必携の書です。
ページの先頭に戻る