日経の本 日経BP

TOPICS

実践!ビジネスに役立つ “超”分析の教科書

価格 1,320円(税込)
ISBN 978-4-8222-7900-4
発行日 2014年11月17日
著者名 日経ビッグデータ、日経デジタルマーケティング 編
発行元 日経BP
ページ数 144ページ
判型 A4変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

データ分析の基本用語から、先進企業の分析手法まで徹底解説!

ビッグデータ時代が到来し、データの重要性が改めて見直されている今、データの大小に関わらず、仕事の中で「分析」を求められるケースが増えてきています。
統計学を学んだことの無い方でも、最低限の分析能力は今後のビジネスの中で必須のスキルといえます。

本ムックでは分析を行ううえで必要となる基本的な用語の解説から、様々な分析の手法、ケーススタディをわかりやすく解説。
また、「需要予測」「売り上げ向上」「コスト削減」「人員最適配置」などのトピックごとに、どのようなデータに着目し、どの分析手法を用いればよいかを「インデックス形式」で示します。

現在、業務でデータの分析を求められている方、分析に必要なフレームワークや分析手法を学びたい方など、データ・アナリティクスに関心を持つ、全てのビジネスパーソンにとって必読の一冊です。


■キーワード解説
平均、標準偏差などの基本用語から重回帰分析、ベイズ統計などの専門用語まで析に欠かせないキーワードがわかる!
[ 平均/標準偏差/正規分布/KPI/需要予測/R/重回帰分析/ベイズ統計/ロジスティック回帰分析 ほか ]

■分析事例
アナリティクス先進企業はどんな分析を行い、データを活用しているのか?
14のケーススタディとその分析手法の解説を掲載。
[ローソン/DeNA/りそな銀行/イーブルパス/オルビス/大阪ガス/良品計画/大林組/日本エスリード/セブン&アイ・ホールディングス ほか]

■キーパーソンインタビュー
圏内外のトップデ タサイエンティストの分析手法・考え方に迫る。
[◇英エコノミスト誌 データエディター ケネス・クキエ氏
 ◇iAnalysis 代表 倉橋一成 氏
 ◇電通クリエーティブ・テクノロジスト 米運香子氏
 ◇ライフログ総合研究所 所長 梅田仁氏 ほか ]
ページの先頭に戻る