日経BPブックナビ

セゾンファクトリー 社員と熱狂する経営

“超体育会主義”で全国のデパ地下に大躍進!

価格 1,620円(税込)
ISBN 978-4-8222-7776-5
発行日 2014年12月8日
著者名 齋藤峰彰 著/日経トップリーダー 編 
発行元 日経BP社
ページ数 224ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

なぜ1本4320円のジャムが売れるのか?
ひとづくりの達人初の著書


山形の田舎町発で、全国の大都市の百貨店の"デパ地下"に大躍進する食品メーカー、セゾンファクトリーの齋藤社長による初の著書。「想像を超えたおいしさ」は人づくりからはじまる――。本書は以下について記しています。

1 「クールなブランド」を支える「超体育会主義」の人材育成法
 ・セゾンファクトリーが手掛けるのは、味はもちろんデザインにも徹底的にこだわったクールで
  スタイリッシュな高級グロッサリー商品です。一方、それを支えているのが、非常にホットで、
  汗と涙の超体育会主義です。
 ・ホットとクールの間で、齋藤社長は「ブランドづくりは人づくり」ととらえ全員で、全力で、
  そして明るく取り組む社員の育成に力を注いできました。本書はそのための考え方や具体的
  な取り組みを大公開します。

2 なぜ1本4000円を超えるジャムやジュースが売れるのか
 ・セゾンファクトリーが店舗を置くのは、東京・新宿の伊勢丹、大阪・梅田の阪急百貨店、名古屋の
  松坂屋をはじめ大都市の一流店がそろっています。商品の中には、1本4000円を超えるジャムや
  ジュースもあります。後発であるにもかかわらずなぜ、高級品市場でビジネスを展開できるのか。
  本書はその理由を様々な角度から考察します。
 ・ものづくりについては例えば、「手の力」を重視した加工と同時に、真剣勝負の場である「試食」に
  ついて記しています。
 ・販売面では、店長の役割や店舗づくりのポイントだけでなく、「売れないときにどんな手を打つか」にも
  踏み込んでいます。

3 挫折も修羅場も越えて進む「創業ストーリー」の説得力
 ・山形の田舎町から全国のデパ地下でビジネスを展開することは、やはり簡単ではありませんでした。
  当初はクマもサルも出る山の中のプレハブ1棟であり、社員を募集しても、やんちゃな仲間しか
  集まらない状況でした。
 ・なぜあきらめなかったのか。成長に応じてどう変えたのか。そこには、地域発でビジネスを展開する
  ヒントがあります。同時に、これまでの歩みから、超体育会主義が生まれてきた理由も明らかに
  なります。

4 グラビアを多用した誌面で熱狂、ノリを体感
 ・本書のもう1つの特徴は、写真を多数盛り込んでいることです。四季に合わせた4つのグラビアを軸に、
  本社周辺の豊かな自然、そして熱狂のイベントを「見える化」しています。読むだけでなく、見ることで
  理解を深めます。


<もくじ>
Introduction 「超体育会主義」がブランドづくりの礎
Chapter 1 クールなブランドを支える熱いハートの人材育成
Chapter 2 「想像を超えたおいしさ」を生むものづくりの秘密
Chapter 3 「闘争心」「向上心」が販売力を高める
Chapter 4 「おいしい!」をマネジメントする発想
Chapter 5 「食のスーパーブランド」へのヒストリー
 ※詳細は目次をご参照ください。
ページの先頭に戻る