日経の本 日経BP

TOPICS

医療のICT活用 先行事例に見る成功の秘訣

地域連携・在宅医療に取り組む医師の声

価格 104,500円(税込)
ISBN 978-4-906911-04-2
発行日 2012年12月20日
著者名 テクノアソシエーツ 調査
発行元 日経BP
ページ数 132ページ
判型 A4

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

日本の医療が病院中心から在宅中心へ大きく転換しようとしている。高齢化の進展とともに日本の医療の崩壊を食い止めようと、厚生労働省は在宅医療の強化に舵を切った。その在宅医療がうまく回るかどうかのカギを握るのがICT(情報通信技術)を活用した連携である。現状ではICTによる医療連携は一部で始まったばかりで、ICTメーカー側の対応は必ずしも現場のニーズに応えきれていない。ターゲットは高齢者の絶対数がピークとなる2025年。そこに向けて需要が急増する“医療連携支援”はICTに関わる企業にとっては大きなビジネス機会となる可能性が高い。しかし、変化する現場のニーズに的確にとらえないとそこに食い込むことは難しい。本レポートは、ICTに期待する医療現場の生の声を拾い上げ、そこから得た共通の課題を抽出することで、ICTを活用した医療連携の成功要因を明らかにした。
ページの先頭に戻る