日経の本 日経BP

TOPICS

代数に惹かれた数学者たち

価格 2,640円(税込)
ISBN 978-4-8222-8354-4
発行日 2008年4月7日
著者名 ジョン・ダービーシャー著 松浦俊輔 訳
発行元 日経BP
ページ数 424ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

代数方程式や体論、群論、代数曲線、代数曲面に対して取り組んできた数学者の紹介を中心に、群論と代数幾何に至る代数学の魅力、数学者たちの取り組みの変遷などを、多くのエピソードを織り込みながら、直感的に理解できる数学史ドラマ。現代代数学の前史に迫る。アルジェブラ(代数および代数環)の発展に寄与した数学者たち、特に近代以降の幾何学との関わりを中心に解説する。登場人物は、フィボナッチ(うさぎの数列)、デカルト(代数の記号表記)、ニュートン(方程式解の対称性)、コーシー(置換の算術)、アーベル(5次方程式の代数的一般解の不存在)、ガロア(方程式解に置換群を見いだす)、ハミルトン(4元数)、リーマン(幾何学革命)、ヒルベルト(抽象化と零点定理)、グロタンディーク(抽象代数幾何学)など。
ページの先頭に戻る