先進企業の実態を調査

 前回に引き続き、積水ハウス株式会社における働き方改革の進捗と実態を伺ったインタビューの後半です。前半の記事では積水ハウスが働き方改革に取り組む理由、柔軟な働き方を実現する制度について伺いました。今回はスピード感を持って働き方改革を推進できる理由、利用してもらううえでの工夫や苦労、今後の方針について伺っています。お話を伺ったのは前回に引き続き、人事部 人事グループ 課長 鬼頭 岳士氏と人事部 人事グループ 松岡 優氏です。

人事部 人事グループ 課長 鬼頭 岳士氏(左)と人事部 人事グループ 松岡 優氏(右)
人事部 人事グループ 課長 鬼頭 岳士氏(左)と人事部 人事グループ 松岡 優氏(右)

「辞めなくて済む」から「人材育成」へ

――大手企業である御社が働き方改革については、かなりのスピードで変革に取り組まれていますが、どうしてこのスピード感を実現できるのでしょうか?

 2014年に専任部署としてダイバーシティ推進室ができたことで、施策の展開スピードが上がりました。以前から、日曜日が勤務日であるということに起因して、育児中の預け先問題などの課題がありましたが、課題解決策として以前からあった指定休日の制度を“ファミリーフレンドリーデイー”(日曜振替休日)と改めて名称をつけ、周知しました。

 通常、営業店は火曜日、水曜日が休みのところ、水曜日に出社する代わりに日曜日に休む制度や、個別対応ではありますが固定的に、水曜日と日曜日の休日を入れ替えて勤務している人もいます。

 “スマートすくすくえいど”は、病児保育や一時預かりの際の社員本人の負担を軽減し、会社が費用の一部負担を行う制度です。日曜日のお子さんの預け先がないことが大きな課題の一つであり、それを解決することを目的に様々な制度、支援体制を一気に作りました。ダイバーシティ推進室が制度の立案を行い、人事部が申請関係を整えていくという役割分担で始め、肝心な制度施行後の現場への浸透は相互に協力しながら進めています。

 このように制度面に関しては、業界全体の構造としての日曜日勤務の課題を解消し、社員の定着を図る制度を矢継ぎ早に施行しています。育児などの事由での退職を防止、現状実施しているスライド勤務は、より社員の生活を充実させ、質の高いサービス・提案をお客様に提供するためのいわば人材育成のための制度です。積水ハウスでは施策の目的も、退職阻止から人材育成に軸足を移しつつあります。

――今後は、より社員の生活を充実させるための働き方改革に軸足を移すということですが、展望をお聞かせください。

 今は新しく作ったこれらの制度、支援施策を“いきいきフォーラム”などの情報発信機会を通じて社内に周知していくフェーズだと考えています。会社としても、「辞めない」のではなく「活躍の場をいかに広げられるか」が重要であって、例えば在宅勤務制度もフルタイム勤務を前提としています。

 家庭や育児、プライベートと仕事を両立させながら、仕事の成果を最大化するためにどうすればよいかという方向に社内での議論も向かっており、例えば、以前は育児休業中の社員に対して育児支援の観点での情報提供サービスを活用していたのを、現在は「キャリママサロン(EDGEの提供するコミュニケーションプラットフォーム)」で、復帰、活躍を目的として、育児との両立経験が豊富なメンターからの情報発信や、上司とのやり取りを行うなかで、復帰への不安を払拭する方向にかじを切っています。