ニュース

記事一覧

総合計画ほか5計画の策定支援、東村山市が民間に一括委託を検討

萩原詩子=ライター【2017.11.21】

 東京都東村山市は、複数の計画の策定支援をまとめて民間事業者に委託するため、12月6日から15日にサウンディング型市場調査を実施する。

[画像のクリックで拡大表示]
一体的な策定支援業務委託による計画等の策定のイメージ図(資料:東村山市)

 対象となる計画は、2018年度から20年度に策定する、市の最上位計画「総合計画」をはじめ、「都市計画マスタープラン」「人口ビジョン・創生総合戦略」「公共施設等総合管理計画」「市センター地区整備構想」の5つ。これらの策定作業を合同で進めることにより、計画間の整合性を高め、業務の効率化を図る。東村山市では、18年度に公募型プロポーザル方式で委託先の事業者を選ぶ予定だ。

 サウンディングでは、主にプロポーザルの実施要領案について、各計画の内容・枠組み、業務内容、事業者の選定方法や見積もり金額などへの意見を問う。参加申し込みは11月30日午後5時まで。結果公表は来年1月上旬の予定だ。

この記事のURL https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/111700522/