• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

PFIで運営の刑務所内でネットストアの職業訓練、美祢市やヤフーなど

山田 雅子=ライター【2018.7.3】

美祢社会復帰促進センターの航空写真(写真:美祢社会復帰促進センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 法務省と山口県美祢市、小学館集英社プロダクション(東京都千代田区)、ヤフー(東京都千代田区)は、PFIで運営している刑事施設「美祢社会復帰促進センター」において、4者で連携してネットストアの開設・運営のスキルを身につける職業訓練と、地産外商を推進する地方創生支援事業を実施する。事業実施にあたり、4者で基本協定を締結した。

 美祢社会復帰促進センターは2007年4月、日本初のPFI手法を活用した刑務所として発足した。今回の職業訓練は、美祢社会復帰促進センターの職業訓練業務を担当している小学館集英社プロダクションが、ヤフーからコンテンツの提供を受け、実施するものだ。

 具体的には、「ネット販売実務科」という名称で全16単元からなり、男性の受刑者5名が、実践的なカリキュラムを通じてeコマースの専門知識と、ネットストアを運用するスキルを習得する。刑事施設としては初めて、訓練生がインターネットを使用し、ヤフーショッピング内にあるページ制作ツールを使って、サイト構築や店舗運営について学んでいく。同時にネットリテラシーやコミュニケーションについても習得し、社会や職場へのよりスムーズな適応と就労の継続も目指す。

 そして、この職業訓練のカリキュラムの中で、訓練生が、美祢市道の駅「おふく」のヤフーショッピング用のストアページを制作。制作後は「おふく」の事業者が、ストアページを公開、運営し、美祢市の産品などを県外に販売することで、市の地産外商の取り組みを支援し、地方創生にも寄与していく。7月11日から、「ネット販売実務科」の訓練が始まり、この職業訓練と地方創生を組み合わせた事業がスタートする。

 ヤフーと小学館集英社プロダクションは、再犯防止と地方創生支援に資する社会貢献活動の一環として、今回の事業に取り組む。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ