• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キーパーソン登場

記事一覧

注目事例その後

健康指導は行政改革、企業を巻き込み医療費用を大幅削減

尼崎市企画財政局部長 野口緑氏に聞く

聞き手・構成:佐保 圭=ライター【2018.8.8】

兵庫県尼崎市では、民間企業を巻き込み、特定健診を受診したり、健康向上に役立つ商品やサービスを購入・利用するとポイントがたまる「未来いまカラダポイント事業」を展開中だ。この事業の源流をたどると、「スーパー保健師」と呼ばれる市職員の野口緑氏が、2000年から独自の健康管理と保健指導を実施したことにたどり着く。尼崎市役所職員の健康向上に大きく貢献した野口氏は、2005年から尼崎市民全体の健康管理に携わり、目覚ましい実績を上げている。そんな野口氏に、これまでの取り組みと「地域住民の健康向上における公民連携の重要性」について話を聞いた。

野口緑氏(写真:水野浩志)

――野口さんは保健師として、2000年、兵庫県尼崎市の市役所職員の健康管理を始めました。ここで大きな成果を上げましたね。

 私が関わる前の1999年度には9人だった休職者数が、2004年度には3人に減りました。また1999年度に約1657万円かかっていた傷病手当金(長期療養者の休業にかかる補償費)も2001年度の約881万円へと削減されました。

 保健師の勉強会で「マルチプルリスクファクター症候群」を知ったのがきっかけです。この症候群は、内臓脂肪型肥満と高血圧、高脂血症、糖尿病などが合併すると動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞につながるというものです。「リスクが多く重なるほど倒れる確率が高い」とありましたので、市の職員のリスクを調べてみました。

 以前は職員の単年の健診データで保健指導していたのを、データのあるものは個別に過去からつないで、高血糖、高血圧、高脂血症などリスクの重複が多い人からざっと並べ直したら、上から1人目は脳卒中、3人目は心筋梗塞を起こしており、その職員は少し前に亡くなっていた。衝撃を受けました(図1)。

図1●尼崎職員の健康リスク要因を個別に時系列で並べた例
(資料提供:野口緑)
[画像のクリックで拡大表示]

 人事部に「職員の脳卒中や心筋梗塞を防ぐ環境をつくるべきだ」と話して、市職員の健診・保健指導の改善に取り組みました。介入の優先順位をマルチプルリスクファクターで決め、集中的に保健指導するようになったら、職員が死ななくなりました。心疾患による死亡者数は、1996年度から1999年度の4年間に5名だったのが、2001年度から2004年度は0です(図2)。

図2●尼崎市役所では新たな保健指導で死亡者が減少
(資料提供:野口緑)

――内臓脂肪型肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などのリスクは生活習慣と深く関わるため、予防で救える。そのことに着目した野口さんは、どんな保健指導を行ったのでしょうか。

 昔からあるような「ダイエットしましょう」とか「飲み過ぎは健康に悪い」という言い方はしません。「大きなお世話や」「あんたに言われたくない」と言われますから(笑)。その代わり、ビールを飲む人には、ジョッキ1杯に3gのスティックシュガー5本分の糖分が含まれていることなど、具体的なデータを伝えます。

 血圧に関する指導でも、単に「塩分を控えてください」「ストレスを減らしてください」と言うだけでは済ませません。睡眠不足や自律神経興奮型の高血圧もあれば、内臓脂肪の肥大でサイトカインが出て血圧が上がるタイプもいる。原因は人によってちがいますから。

――相手によって、健康指導の説明自体を変えていくのですね。

 「あなたの場合、血圧が高い原因はこれだと思う」と健診データから読み解きます。データをみると、お腹まわりが大きく、脂肪肝も進んでいる。脂肪が過剰に肝臓に蓄えられるのは、糖の摂取が多いから。過剰な糖が尿に溢れ出すと再吸収され、同時にナトリウムも吸収されるので血圧が上がる、と丁寧に話します。

 血圧が上がったら、どこに悪いのかも、具体的に説明します。脳の中のある部分の血管は、直径2ミリから0.2ミリに枝分かれして直角に曲がる。勢いが強いと血液が曲がれないので、角のところが傷んでくる。「0.2ミリを手でやってみて」と言うと「これが俺の血管か。そこを傷ませないために、血圧140を超えたらダメだな」と納得できる。そういう指導です。

 それで、本人が「あかん」と思ったら「ほな、血圧高いの、どうしたらええの?」と向こうから聞いてくれます。

企画・運営
  • 日経BP総研
ママスクエア
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ