トップ > 常識を越えろ! 変革者たちの挑戦 > ハミガキ嫌いな子供が夢中に! IoT歯ブラシ「G・U・M PLAY」に盛り込まれた画期的工夫

常識を越えろ! 変革者たちの挑戦IT

ハミガキ嫌いな子供が夢中に! IoT歯ブラシ「G・U・M PLAY」に盛り込まれた画期的工夫(4/5ページ)

2017.06.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しいビジネスパーソン向けのニュースアプリも提供

 3つ目の「MOUTH NEWS(マウスニュース)」は、忙しいビジネスパーソンに、歯磨きの3分間を有効に使ってもらおうというコンセプトで作られたアプリだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 歯を磨いている間だけ、毎日の天気やニュースを読み上げてくれるというもの。歯ブラシを動かすのをやめると、音声も止まる。ニュースは朝昼晩に更新され、音声読み上げのほか、スマホ画面にテキストでも表示される。

 ここまで見てきた3つのアプリに共通するのは、「楽しさ」と「(ユーザーにとっての)価値」を実にうまい形で両立していること。楽しければ続けられる。継続できれば歯磨きが上達する。ユーザーはこうした価値をガム プレイを通じて得られるというわけだ。

 ガム プレイは、サンスターオンラインショップや歯科医院のほか、「二子玉川 蔦屋家電」「梅田 蔦屋書店」などで販売している。販売ルートはあえて限定的しているという。「きちんと商品の価値を説明できないと、『高い歯ブラシ立て』程度にしか認識されない」(松富氏)からだという。

[画像のクリックで拡大表示]

 それでも、現在までで売れ行きは計画の1・5倍と順調だ。購入していくのは子育て世代のほか、シニア層が孫へのプレゼントにするケースも目立つという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー