用語集

記事一覧

コンパクトシティ

 コンパクトシティには様々な定義があるが、内閣府「地域の経済2012 -集積を活かした地域づくり-」では、市町村がコンパクトであることは、「DID人口密度が高いことにより定義される」としたうえで、以下のように位置付けている(→DID〈人口集中地区〉)。

 「コンパクトシティの形成とは、市町村の中心部への居住と各種機能の集約により、人口集積が高密度なまちを形成することである。コンパクトシティの形成は、機能の集約と人口の集積により、まちの暮らしやすさの向上、中心部の商業な どの再活性化や、道路などの公共施設の整備費用や各種の自治体の行政サービス費用の節約を図ることを目的としている」(「第3節 コンパクトシティの形成へ向けて」より)

・内閣府「地域の経済2012 -集積を活かした地域づくり-」

この記事のURL https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/15/433786/091700005/