ニュースリリース

NEWS RELEASE

ソーシャルメディアとの融合で変わるテレビの世界

「ソーシャルテレビ・アワード 2012」を発表  大賞は「SPEC〜翔〜」に決定、各賞に「ワールドビジネスサテライト」「ZIP!」 「NEWS WEB 24」

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は2012年7月25日、「ソーシャルテレビ・アワード 2012」を発表しました。このアワードは、これまで疎遠だったソーシャルメディアとテレビという2大メディアが急接近する動きの中で、その連携や複合的活用に先進的な取り組みをしたテレビ番組を表彰するものです。企業の先端的マーケティングに関する情報メディア「日経デジタルマーケティング」と、エンタテイメント業界の最新情報を届ける「日経エンタテインメント!」が実施しました。

 ソーシャルメディア上での話題をきっかけにテレビ視聴という行動を引き起こしたり、テレビ視聴をしながら番組の感想をソーシャルメディア上で交わしたり――。そんなテレビの視聴スタイルが一般的になってきました。これをさらに促進する動きが、テレビ番組の制作現場においても始まっています。ソーシャルメディア上への情報発信に積極的なだけでなく、技術的な対応でソーシャルメディアと連動した番組構成や、ソーシャルメディア上でのユーザーの声を制作に反映する取り組みも開始されています。

 2大メディアの相乗効果による互いの活性化は、我が国産業の成長へのきっかけを作ると同時に、文化面への波及も忘れることはできません。ソーシャルテレビ・アワードは、テレビとソーシャルメディア連携の未来形を示す番組を表彰し、テレビとインターネットの両業界の発展に寄与することを目的としています。

 ソーシャルテレビ・アワード2012では、大賞など4つの賞を選定し発表しました。ソーシャルメディア上に流れるデータの分析結果などをもとに、選考委員会にて各賞を決定しております。

オンエア中にTwitter投稿呼びかけ、
ゴールデンでの先進的取り組みを評価
大賞に「SPEC~翔~」

 選考に当たってはまず、2011年7月期~2012年6月期に在京キー局(NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)で放送された国内地上波番組の中から、各局の自薦と主催2誌による推薦で29番組を選定しました。それら番組が持つソーシャルメディアの公式アカウントのファン数やフォロワー数、ネット上での番組に関するクチコミ件数を調査し数値化。これに加えて視聴者アンケートを実施し、効果的なソーシャルメディア活用をする番組への回答数も数値化し偏差値にしたものを「データスコア」としました。データが語る、番組のソーシャルメディア融合度となります。

 一方、この29番組について5人の選考委員がその先進性などを考慮しながら各番組に評点をつけ、これを「評点スコア」としました。委員はアジャイルメディア・ネットワーク社長の徳力基彦氏、日経デジタルマーケティング編集長の杉山俊幸、同副編集長の杉本昭彦、日経エンタテインメント!編集委員の品田英雄、同編集部の木村尚恵です。データスコアと評点スコアを統合し偏差値化したものを「総合スコア」としました。

 総合スコア75.2を獲得し大賞となったのがドラマの「SPEC~翔~」(TBSテレビ)です。今年4月1日のオンエア中に、Twitterでの投稿を呼びかけ、寄せられたツイートをデータ放送画面で配信する取り組みを行いました。放送時間中のTwitter投稿数は1分当たり平均231件と、受賞番組中で最多を記録しているのが特徴となります。そのためデータスコアは最高で61.8を記録しました。ドラマとソーシャルメディアの連携を、ゴールデンタイムのスペシャル番組で取り組んだ先進性も高く評価され、評点スコアも74.3の1位となりました。

ワールドビジネスサテライトのFacebookページ
15万人超のファン数はダントツトップ

 このほか、総合スコアでトップ3に入った番組のうち、データ面を重視して選考する日経デジタルマーケティング賞にニュース番組の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)、番組の内容面を重視する日経エンタテインメント!賞には、情報番組の「ZIP!」(日本テレビ)を選出しました。ワールドビジネスサテライトは番組公式Facebookページのファン数が15万人超と、選考のための調査時点において全ノミネート番組中で2位以下を大きく離し1位、国内Facebookページとしても有数の規模です。また、TwitterやFacebookから寄せられた質問にコメンテーターが答える「WBSソーシャル」も定着しており、視聴者参加型のニュース番組として評価しました。

 ZIP!は、番組の看板犬が全国を旅する様子をTwitterに投稿する「ZIIPEIスマイルキャラバン」が話題。スマートフォン向け「ZIP! カメラアプリ」の配布を2012年4月に始め、既に20万人以上が利用しています。アプリで撮影した写真は、ソーシャルメディア上に多数投稿されているだけでなく、番組内でも紹介するなど、ソーシャルメディアへの多面的な取り組みを評価しております。

 また、僅差で4位となったニュース番組の「NEWS WEB 24」(NHK)を特別賞としました。NHKのニュースサイトでアクセス数の多い話題を番組内で取り上げ、Twitterで寄せられた投稿を、放送画面内に表示して紹介したり、キャスターが読み上げたりするなど、積極的な取り組みを実施。その戦略性は、番組に関するTwitterへの投稿数(平均99件/分)が2ちゃんねる実況板への投稿数(平均49.4件/分)の約2倍との数値にも表れています。

※本調査の結果は、日経デジタルマーケティング9月号(8月25日発行)、日経エンタテインメント!10月号(9月4日発売)に掲載予定です。

■調査概要

・番組に関するクチコミ数(データ協力:データセクション、ネット上でのテレビ番組の盛り上がりが分かる情報サイト「テレビジン」)

・番組のソーシャルメディア公式アカウントのファン/フォロワー数(6月18日時点。データ協力:ユーザーローカル)

・視聴者アンケート(アンケート協力:クロス・マーケティング、日経BPコンサルティング)
 調査期間:2012年6月22~26日
 調査方法:インターネット調査
 有効回答数:2383人

・選考委員
 アジャイルメディア・ネットワーク社長 徳力基彦氏
 日経デジタルマーケティング編集長・杉山俊幸、同 副編集長・杉本昭彦
 日経エンタテインメント!編集委員・品田英雄、同 編集部・木村尚恵

■日経デジタルマーケティングについて

 「日経デジタルマーケティング」はマーケティング戦術と企業戦略をつなぐ専門情報メディアです。平日、毎日更新するサイト(digital.nikkeibp.co.jp)、月刊誌、セミナーという3つの形態で情報を提供しています。デジタルマーケティングを活用した事例研究のほか、炎上など“負”の側面も取り上げ、その対応法なども紹介しています。

■日経エンタテインメント!について

 「日経エンタテインメント!」は、流行に敏感で知的好奇心が強く、トレンドをリードする人たちのためのエンタテインメント情報誌。映画・テレビ・音楽・本を中心にアニメ・マンガ・ゲーム・ネットなどのジャンルもカバー。エンタテインメント分野のヒットのオモテと裏の両方を深く解説しています。

【本リリースのお問い合わせ先】

 このリリースに関するお問い合わせは、日経デジタルマーケティング(電話03-6811-8173)に、取材のお申し込みは、日経BP社コーポレート管理室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。