ニュースリリース

NEWS RELEASE

静岡がんセンターと共同で がん看護・ケアを学ぶ動画コンテンツを作成

がん患者向けサイト「がんナビ」で配信開始

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は、静岡がんセンターと共同でがん看護・ケアを学ぶ動画コンテンツを作成し、日経BP社が運営するがん患者向けサイト「がんナビ」で配信を開始しました。

 がんと向き合いながら、日々の生活を安心して過ごすためには、治療だけでなく、治療に伴って発生するさまざまな症状や起こりうるハプニング等に関する知識を身につけ、その対処方法や事前管理の方法を知っておくことが大切です。

 そこで、静岡がんセンターと共同で、がん治療に伴う副作用や合併症を軽減させるための看護やケアを学ぶことができる動画コンテンツを作成しました。有効で安全ながん治療を行うため、がん治療にかかわる医療者だけでなく、患者あるいはその家族の方々にもご覧いただけるよう、がん患者向けサイト「がんナビ」で配信を開始しました。

【概要】
1. 掲載サイト:日経BP社「がんナビ」“動画で学ぶがん看護”
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/series/nursing/
2. 共同制作の役割
(ア)日経BP社:企画、コンテンツ編集、サイト運営
(イ)静岡がんセンター:コンテンツ内容の監修、出演
3. コンテンツ内容: 7テーマ・計11本
(ア)抗がん剤治療中の看護とケア
動画:「がん化学療法における静脈確保」
動画:「がん化学療法における急性アレルギーへの対応」
(イ)皮膚のケア
動画:「褥瘡 のケア(その1)創の処置」
動画:「褥瘡 のケア(その2)体圧の分散」
(ウ)消化管・尿路変更に伴う看護とケア
動画:「ストーマのケア」
動画:「PEG(胃ろう)の管理」
(エ)合併症軽減のための看護とケア
動画:「がん患者の口腔ケア」
(オ)栄養管理
動画:「在宅IVH(中心静脈栄養)の指導法(その1)」
動画:「在宅IVH(中心静脈栄養)の指導法(その2)」
(カ)呼吸困難な方の看護とケア
動画:「呼吸困難への対応」
(キ)食道・頭頸部領域の外科手術後のリハビリ
動画:「嚥下機能の評価と訓練」

※動画は2012年2月~5月まで順次公開の予定です。

【がんナビについて】

 がんとの闘いは“情報戦”。どこに有益な情報があるのか、氾濫する情報の中でどれが大切なのか―。情報を選り分ける力がますます大切になっています。『がんナビ』は、がん患者さんとそのご家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲート(道案内)します。

 『がんナビ』は、1972年創刊の総合医療情報誌『日経メディカル』を出版する日経BP社のスタッフが、取材・編集活動を通して培ってきた医学・医療情報の収集・整理・分析のノウハウを駆使して運営しています。

【静岡がんセンターについて】

 静岡がんセンターは2002年9月に開院し、陽子線治療、手術支援ロボット“ダ・ヴィンチ”等の高度な先進医療を提供する静岡県立のがん治療専門医療機関です。患者さんと家族の視点から、がん治療の副作用や合併症を軽減させるための口腔ケアやリハビリ等の支持療法にも力を入れ、心と身体の全人的医療を目指しています。

 昨年12月に静岡県申請の「ふじのくに先端医療総合特区」が地域活性化総合特区に指定され、静岡がんセンターの技術を統合的に活用するがん診断装置・診断薬の研究開発拠点化や、医療機器等の産業クラスター形成に寄与しています。

【お問い合わせ】

 このリリースに関するお問い合わせは、日経BP社 日経メディカル別冊編集部(電話03-6811-8818)に、取材のお申し込みは、日経BP社 コーポレート管理室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。