お知らせ

INFORMATION

日経BP、定期誌発送に紙包装を採用し、プラスチック消費ゼロを実現

2019年に年間約60トンだったプラスチック消費を全廃

 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)は、海洋プラスチックごみが大きな問題になっていることに対応し廃プラスチックの削減を進めています。2020年10月より順次、定期購読者に雑誌を発送する際の包装資材をポリエチレンから紙に切り替え、2019年に年間約60トンだった雑誌発送時のプラスチック消費量を全廃しゼロにすることを達成しました。

 リサイクルによる地球環境の保全を目指し、今後もプラスチック消費削減に向け、紙包装資材の改良や発送品質の向上に取り組みます。さらに「資源有効利用促進」の観点から、循環型社会への貢献、廃棄物の削減を推進することで、地球環境の保善を通じて持続可能な社会の実現を目指します。

【お問い合わせ】

取材のお申し込みは、日経BPのコーポレートサイトお問い合わせページ(https://www.nikkeibp.co.jp/faq/)からお願いいたします。