ニュースリリース

NEWS RELEASE

日経コンピュータ主催「IT Japan Award 2021」 グランプリは、カインズのシステム内製化・高速開発の取り組みに決定

 ITプロフェッショナルのための総合情報誌『日経コンピュータ』(発行:日経BP)は、優れたIT事例を表彰する「IT Japan Award 2021」の受賞企業を決定しました。

IT Japan Award 2021

 IT Japan Awardは、「情報システムを構築・活用し、顕著な成果を上げている企業・団体を発掘し、成功のノウハウを広く共有する」という目的のもと、日経コンピュータが2007年から毎年、企業や団体を表彰しているものです。過去1年間に『日経コンピュータ』および、「技術×ビジネス」の最前線を伝えるデジタルメディア『日経クロステック』に掲載されたIT活用記事を対象として、社外から審査員を招き審査しています。

 15回目となる今回のIT Japan Award 2021は、5月10日(月)に審査会を開催。審査基準である三つの視点「経営革新・業務改革への貢献度」「システム構築・活用における独創性」「採用技術・手法の先進性」を基に審査した結果、「IT小売業」を目指しシステムの内製化、デジタルサービスの高速開発に取り組んでいる株式会社カインズなど、以下の各社が選出されました。受賞企業はグランプリ1社、準グランプリ1社、特別賞4社です。

【受賞企業】

●グランプリ
  • 株式会社カインズ
    APIの「部品庫」を設けて高速開発、データ活用環境整え内製を推進
●準グランプリ
  • JFEスチール株式会社
    高炉の「デジタルツイン」開発、数億円の損害が出るトラブルを回避
●特別賞
  • 株式会社きらぼし銀行
    新型コロナ禍の基幹系システム統合、全関係者を2チームに分けて完遂
  • 東京海上ホールディングス株式会社
    グローバルとアジャイル、両輪で損害保険の先へ
  • 株式会社三越伊勢丹
    逆風下でも貫く百貨店DX、サービス開発スピードを4倍に
  • 株式会社LIXIL
    ゼロトラストネットワークを構築、テレワーク環境を脱VPN

(同一賞は受賞企業名五十音順)

【審査委員】

審査委員長 大和田 尚孝 (日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ 上席研究員)
審査委員 伊藤 重隆 氏(情報システム学会 名誉会長)
審査委員 片岡 晃 氏(情報処理推進機構 社会基盤センター センター長)
審査委員 菊川 裕幸 氏(日本情報システム・ユーザー協会 専務理事)
審査委員 浅川 直輝(日経コンピュータ編集長)
審査協力 日経クロステック編集部(日経コンピュータ担当)

(五十音順/所属・役職は審査会時点)

以上

【お問い合わせ先】

IT Japan Awardについてのお問い合わせは、日経クロステック編集(日経コンピュータ担当:)にお願いいたします。また、取材のお申し込みは、日経BPのコーポレートサイトお問い合わせページ(https://www.nikkeibp.co.jp/faq/)からお願いいたします。