ニュースリリース

NEWS RELEASE

電子工作の作品・アイデア競う「みんなのラズパイコンテスト2020」開催

グランプリや技術賞、学生賞など39件を表彰

 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)が発行するIT専門情報誌「ラズパイマガジン」と「日経Linux」「日経ソフトウエア」は2020年12月3日、PCボード「Raspberry Pi」(通称:ラズパイ)を使った電子工作やアプリケーションのコンテスト「みんなのラズパイコンテスト2020」の受賞作品を発表しました。

 第7回開催となる今回のコンテストでは、2020年5月25日~10月8日の期間にRaspberry Piを活用した作品やアイデアを募集。12歳の小学生から72歳のシニアまで、個人やチーム、企業などから、107件の応募がありました。複数のラズパイを組み合わせて持ち運びを容易にしたデジタルサイネージシステムや、人工知能(AI)をフルに活用した作品など、多岐にわたるアイデアや作品が集まりました。

 外部の専門家およびラズパイマガジン、日経Linux、日経ソフトウエア編集部による審査会にて厳正に審査した結果、「グランプリ」(1件)、「技術賞」(3件)、「アイデア賞」(3件)、「高専賞」(1件)、「学生賞」(1件)、「ラズベリーパイ財団賞」(4件)、各社協賛社賞など合計39件の受賞作品・アイデアを選出しました。ラズベリーパイ財団賞は、Raspberry Piの開発元である英国Raspberry Pi財団とJapanese Raspberry Pi Users Groupから贈られます。

 今年の応募作品について、審査委員長を務める青山学院大学大学院の阿部和広特任教授は、「コロナ禍のなか、長い時間を使って作り込んだ作品が多かった」と総括しました。その中から、多様な技術をつぎ込んで、実用的かつ機能的なデジタルサイネージシステムを作り上げた「小型マルチディスプレイシステム」が最高賞のグランプリに選出されました。公式の7インチディスプレイをつないだラズパイを複数自由につないで、大型あるいは立体型のディスプレイを構成できる作品です。

 主な受賞内容は以下の通りです。コンテストの特設サイトや、教育とICTのポータルサイト「教育とICT Online」のほか、「ラズパイマガジン」「日経Linux」「日経ソフトウエア」などで受賞作品の内容をご紹介します。

〈受賞作品・アイデア〉 ( )内は応募者名、またはチーム/企業名

●グランプリ(1件)
  • 小型マルチディスプレイシステム(滋賀職業能力開発短期大学校 電子情報技術科)
●技術賞(3件)
  • 国道標識の自動認識システム(中莖 洋一郎さん)
  • 自動車エコラン 耐久競技用オンライン車両状態監視&ドライバーコミュニケーションシステム(レーシングチームK4-SRS)
  • 楽譜を読んで好みの楽器で演奏するロボット(兵頭 敏一さん)
●アイデア賞(3件)
  • 服のプレイリスト(小杉 亮人さん)
  • パネル崩しトランポリン ~跳びたくなるなる!次の画像はなんだ?~(藤井 宏樹さん)
  • 念力による間接的なスプーン曲げ(山形県立産業技術短期大学校メカトロニクス科 M班)
●高専賞(1件)
  • 船同士の接触事故を未然に防ぐ水先案内ぬいぐるみ装置「Sha-chi」(鳥羽商船SKラボ)
●学生賞(1件)
  • 勉強時間を自動計測し、ゼミの同期と共有できるアプリ「Study Pi」(MLTB、チーム、大学生)
●ラズベリーパイ財団賞(4件)
  • ビジュアルトラックパッド for Windows(安東 鷹亮さん、中学生)
  • 不安や寂しさで眠れない人を眠りに導く装置「Henry」(阿部 玲華さん、大学生)
  • Equality of beings(生命の平等性を音で訴える作品)(太田 明理紗さん、佃 優河さん、大学生)
  • ラズベリーパイを使用したオシロ描画システム「オシロお絵かき」(六甲学院物理部オシロお絵かき製作委員会OBの会、高校生/大学生)
●その他の受賞
  • 協賛社賞 5件
    RSコンポーネンツ賞、RETISSA賞、横河電機・AI賞、秋月電子通商賞、KSY賞
  • 子供の科学賞 1件
  • 優秀賞11件
  • 優良賞9件
  • スタートダッシュ賞 30名(2020年9月7日までに応募した方より抽選)

※各受賞内容は、特設サイト(https://nkbp.jp/rpic)で紹介しています。

「Raspberry Pi」と「みんなのラズパイコンテスト」について

 2012年2月の発売以来、世界で2700万台以上を販売して注目を集めるRaspberry Piは、学生に対するIT学習用途をはじめ、趣味としての電子工作の用途に、さらにはセンサーなどを組み込んで産業用途にと、幅広く活用されています。

 「みんなのラズパイコンテスト」では、そうしたRaspberry Pi活用の裾野をさらに広げることを目的とし、「皆さんからワクワクするアイデアを募集し、みんなでアイデアを共有する」というコンセプトを掲げて2014年より開催しています。コンテストの概要は以下の通りです。

  • 募集期間と募集方法
    作品・アイデアの概要や写真などを専用の応募用紙に記載。電子ファイルとして応募を受け付けました。募集期間は2020年5月25日から10月8日。
  • 審査方法
    以下のメンバーで構成する審査会を実施。書類審査にて選考しました。
  • 審査員
    青山学院大学大学院 特任教授 阿部 和広 氏(審査委員長)
    ドローンワークス 今村 博宣 氏
    アールエスコンポーネンツ 宮原 裕人 氏
    QDレーザ 足利 英昭氏
    横河電機 古川 陽太氏
    ラズパイマガジン 編集長 安東 一真
    日経Linux 編集長 岡地 伸晃
    日経ソフトウエア 編集長 久保田 浩
  • 発表
    2020年12月3日に日経BPの特設サイト(https://nkbp.jp/rpic)で発表。2020年12月~2021年1月発売の「日経Linux」「日経ソフトウエア」の誌面にて掲載し、2021年1月14日発売の「ラズパイマガジン2021年2月号」で各受賞作品の詳細を紹介します。
【表彰の内容に関するお問い合わせ】

日経BP ラズパイマガジン編集長 安東 一真

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームの「雑誌名」欄では「日経Linux」を選んでください。「発行号」欄や「記事名」欄、「掲載ページ」欄は空白のままで構いません。「お問い合わせ事項」欄に、ご質問内容を記載ください。その際、「みんなのラズパイコンテストについて」の質問であることを明記してください。

【取材のお申し込み】

日経BP 経営企画室・広報 電話:03-6811-8556