ニュースリリース

NEWS RELEASE

「【宣言】がんスクリーニングを社会に」を採択

「Beyond Health円卓会議」で多様な分野の有識者と議論

 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)のウェブメディア「Beyond Health(ビヨンドヘルス)」(https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/)は、有識者を交えて実施した円卓会議「健康人生100年の世界を実現するために『がんスクリーニング』を考える」において、「【宣言】がんスクリーニングを社会に」を採択しました*1)

*1)Beyond Healthは、「健康であること」を超えた新たな価値の創造を目指すウェブメディアです。日経BPの調査・研究・コンサルティング部門である日経BP 総合研究所が運営しています。

 この円卓会議は、
・「がんスクリーニング」の重要性を訴える
・「がんスクリーニング」を社会に根付かせるための課題を提起する
・「がんスクリーニング」に様々なステークホルダーの参画が不可欠であることを示す
を目的として2020年9月29日に東京都内で開催したものです*2)

*2)今回の円卓会議では、「がんスクリーニング」を「生活者の中から、がんに関する検診や医療インフラに行くべき人をふるいわけること」と定義しました。主に、検診や医療の前段階となる日常の生活空間を対象として、様々なステークホルダーによる取り組みや協働の可能性と課題などに焦点を当てて議論しました。

 採択した宣言は以下の通りです。

【宣言】がんスクリーニングを社会に

2人に1人が罹患し死因第1位のがん。
ただし、その早期発見に重要ながん検診の受診率は、先進諸外国に比べて低い水準にある。
多くの生活者の中から、いかに検診・医療インフラに行くべき人をふるいわけするか――。
いわゆる「がんスクリーニング」の社会実装は、今後きわめて重要なテーマになる。
そこで私たちは以下のメッセージを「【宣言】がんスクリーニングを社会に」として広く発信する。

  1. 目的は「幸福で健康な人生100年時代の実現」
  2. 主役は「社会全体」
  3. カギは「多様な知恵の結集」*3)
  4. 課題は「正しい理解」*4)
  5. 手段は「継続的な情報発信」

*3)様々な業種・業界・組織(自治体や医療機関など)の「協働」という意味を含む
*4)自分事としてとらえる「個の理解」と、「社会の理解」の両面の意味を含む

 今回の円卓会議に参加した有識者は以下の通りです。

[座長]
日本学士院長、京都大学名誉教授・元総長 井村裕夫氏

富士通 健康推進本部 健康事業統括部 統括部長 東泰弘氏
国立がん研究センター 理事長 中釜斉氏
ディー・エヌ・エー 代表取締役会長 南場智子氏
キャンサースキャン 代表取締役社長 福吉潤氏
アフラック生命保険 執行役員 森本晋介氏
(氏名50音順)

 円卓会議での詳細な議論の様子は、Beyond Healthの特設サイト(https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00033/)で順次、情報発信していきます。

【お問い合わせ先】

このリリースの内容に関するお問い合わせは、「Beyond Healthお問い合わせ」(https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=beyond1903_1/index.html)にお願いいたします。取材のお申し込みは、日経BP 経営企画室・広報(電話:03-6811-8556)にお願いいたします。