ニュースリリース

NEWS RELEASE

日経BP「第1回ESGブランド調査」

際立つトヨタの強さ サントリー、イオンが続く

 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)は、10月8日、「第1回ESGブランド調査」の結果を発表しました。この調査は、日経ESG経営フォーラムが2000年から毎年、継続してきた「環境ブランド調査」を衣替えしたものです。調査対象範囲を「環境(E)」だけでなく、「社会(S)」「ガバナンス(G)」に広げ、さらにESGに分類できない良い会社のイメージとして「インテグリティ(誠実さ)」の項目を加えました。

 主要560企業ブランドを対象に、各企業のESGに関する活動が一般の消費者にどう伝わっているかについてインターネットを利用してアンケート調査し、結果を集計・分析しました。今回は2020年5月25日~6月30日にアンケート調査を実施し、全国の消費者2万1000人から有効回答を得ています。調査結果の概要をご紹介します。

■ESG指数トップ20

順位 ブランド名 指数
1位 トヨタ自動車 117.9
2位 サントリー 97.0
3位 イオン 88.1
4位 キリン 82.9
5位 花王 82.5
6位 パナソニック 79.6
7位 スターバックス コーヒー ジャパン 77.3
8位 資生堂 76.8
9位 ホンダ 76.1
10位 サッポロビール 74.1
11位 日本マクドナルド 73.1
12位 ソニー 72.4
13位 Google(グーグル) 71.7
14位 カゴメ 71.6
15位 Apple(アップル) 70.6
15位 味の素AGF 70.6
17位 大和ハウス工業 70.1
18位 キユーピー 69.8
19位 味の素 69.6
20位 富士フイルム 69.4

■テーマ別の上位10社とスコア

【環境】
順位 ブランド名 スコア
1位 サントリー 127
2位 トヨタ自動車 110
3位 イオン 108
4位 パナソニック 94
5位 キリン 89
6位 スターバックス コーヒー ジャパン 85
7位 サッポロビール 84
8位 シャープ 82
9位 花王 81
10位 大和ハウス工業 78
【社会】
順位 ブランド名 スコア
1位 トヨタ自動車 110.2
2位 資生堂 91.7
3位 イオン 88.8
4位 サントリー 87.1
5位 花王 82.4
6位 日本マクドナルド 80.9
7位 ホンダ 79.0
8位 キリン 78.5
9位 スターバックス コーヒー ジャパン 76.6
10位 味の素 74.8
【ガバナンス】
順位 ブランド名 スコア
1位 トヨタ自動車 120
2位 花王 74
3位 武田薬品工業 72
4位 富士フイルム 71
5位 キリン 69
6位 ソニー 69
7位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 68
8位 NTT東日本 67
9位 サントリー 67
10位 イオン 67
10位 味の素AGF 67
【インテグリティ】
順位 ブランド名 スコア
1位 トヨタ自動車 99.1
2位 サントリー 84.9
3位 Apple 84.8
4位 オリエンタルランド 80.5
5位 Google(グーグル) 79.8
6位 キリン 79.6
7位 花王 76.7
8位 パナソニック 76.7
9位 スターバックス コーヒー ジャパン 75.6
10位 ソニー 75.6

 今回の調査では、「トヨタブランド」の強さが際立ちました。総合第1位だけでなく、環境では2位になったものの、社会、ガバナンス、インテグリティの各テーマで1位になりました。順位だけでなく、スコアも頭抜けています。上の表のように総合順位を示すESG指数で100を超えたのはトヨタのみです。ESG各テーマのスコアでも、社会、ガバナンス、インテグリティで2位以下に大差をつけています。

 昨年までの調査では、環境ブランドと並行して2017年から社会とガバナンスのブランドイメージを聞く「SGイメージ調査」を実施してきました。その結果、トヨタは圧倒的に高い評価で3年連続1位を獲得しています。今回も継続して、SとGのブランド力の強さを示したと言えます。

 設問別に見ると、環境では「気候変動の対応に努めている」「省エネに努めている」など12項目中4項目で1位。社会では「労働災害の防止など従業員の安全や健康に配慮している」「製品の安全性に配慮している」など12項目中6項目で1位でした。

 ガバナンスでは「経営トップがガバナンスに対する高い意識を持っている」をはじめ全12項目で1位を独占しました。インテグリティでも「より良い社会づくり(SDGsの達成)に貢献している」「将来世代のことを考えて経営している」など9項目中5項目で1位になりました。

 総合第2位になったサントリーは、過去3年連続で環境ブランド調査のトップを獲得してきました。その強さは今回も健在でした。「生物多様性の保全に努めている」や「自然保護に力を入れている」など4項目で1位を獲得しました。回答者の自由意見には「水と生きる」の企業メッセージに言及するものが目立ちました。

 総合3位のイオンは、小売業で唯一トップ10に食い込みました。環境と社会での高い評価を受けています。環境では、「消費者や地域住民・NPOと協力して環境を保護している」で1位、「リサイクルに力を入れている」で2位を獲得。社会では、「フェアトレードなど社会的格差や貧困問題の解消に積極的」で3位になりました。

 ESGブランド調査の詳細は、日経ESG 2020年11月号(10月8日発行)の特集記事「第1回ESGブランド調査」(44~57ページ)に紹介していますので、ご覧ください。

■日経ESG経営フォーラムについて

 社会や産業界におけるESG経営の理解を図ることを目的に2018年4月に発足、日経BPが事務局を務める。184社(2020年10月1日現在)の会員企業・団体と共同で、ESG経営に関する研究や調査、情報収集・情報発信などの活動に取り組む。

※日経ESG経営フォーラムのホームページ
https://project.nikkeibp.co.jp/ESG/esg/

【本リリースに関するお問い合わせ先】

本調査に関するお問い合わせは、日経ESG経営フォーラム事務局(電話03-6811-8803)にお願いいたします。
取材のお申し込みは、日経BP 経営企画室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。