ニュースリリース

NEWS RELEASE

日経BP総研、国内900社の「デジタル化実態調査」を発表

デジタルトランスフォーメーションの推進企業は36.5%、企業規模で大きな差

 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)は、11月25日、「デジタル化実態調査」の結果を発表しました。この調査は、日経BP総研イノベーションICTラボが約1万社を対象に、各企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み状況や「2025年の崖」問題についてアンケート調査し、結果を集計・分析したものです。2019年7月~8月にアンケート調査を実施し、全国の900社から回答を得ました(有効回答895社)。調査結果の概要をご紹介します。

 海外と比べて日本企業のDXは遅れているといわれるなか、国内企業を対象とした今回の実態調査から、DXを推進している企業は36.5%、全く推進していない企業が61.6%になることが分かりました。ただし、その取り組み状況は企業規模によって大きく異なり、企業規模が大きいほどDXを推進している企業の割合が非常に高くなっています。企業規模を従業員数で見た場合、従業員300人未満の企業でDXを推進しているのは21.8%ですが、5000人以上の企業では80.3%に達しています。

 規模の大きい企業ほどDXを推進している企業が多い理由は、調査結果から「DXに対する経営トップの意識の高さ」や「人材層の厚さ」などにあると考えられます。DXは、単に情報システムを構築するものではなく、デジタル技術を使って製品・サービスやビジネスモデル、企業文化をも変革していくような、経営の根幹に関わる取り組みとなり得ることから、DXのビジョン、推進体制、人材面における取り組みの重要性が浮き彫りになりました。

日本企業におけるDXの推進状況

企業規模別に見たDXの推進状況

 DXを実際に推進している企業の取り組み状況については、実際の事業に適用することを目標としているDXを「本気」の取り組み、それ以外をPoC(概念検証)と区別した場合、「本気で取り組み、目覚ましい成果を上げている」のは1.2%、「本気で取り組み、一定の成果を上げている」のは25.1%、「本気で取り組んでいるが、まだ成果を上げていない」企業は39.4%でした。

 これらを合計すると、PoCで足踏みすることなく「本気で取り組んでいる」企業は65.7%、本気で取り組み「成果を上げている」企業は26.3%になります。DXでは失敗が付きものといわれており、実際に、本気で取り組んでいる企業でも6割はまだ成果を上げるに至っていない状況です。成功確率を上げるために、多くの企業がDXの推進体制を中心に見直しを検討していると回答しています。

DX推進企業の本気度と成果

 DXの推進状況を見るうえで、「レガシーシステム」は重要なキーワードの1つです。レガシー化(肥大化・複雑化・ブラックボックス化)した既存の基幹系システムはDXを推進するうえで深刻な足かせになる可能性があるとされ、注目されています(いわゆる「2025年の崖」問題)。

 今回のデジタル化実態調査では、レガシーシステムを含む既存の基幹系システム全体を対象として、DX推進の足かせとなるような深刻な状況にあるかどうかを調査しました。その結果は、「非常に深刻」との回答は11.2%、「やや深刻」が23.9%。両者を合わせると、35.1%の企業が既存の基幹系システムをDXの足かせと感じているようです。

 一方で、「深刻ではない」とする回答も38.7%あり、DXの足かせと感じている企業の割合と同水準でした。「分からない」(25.8%)と無回答(0.4%)を除けば、既存の基幹系システムをDXの足かせと感じているかどうかは「半々」という実態が明らかになりました。

既存の基幹系システムはDX推進の深刻な足かせとなる状況か

 デジタル化実態調査の詳細は、調査レポート『DXサーベイ 900社の実態と課題分析』(11月25日発行)に掲載しています。

■調査レポート『DXサーベイ 900社の実態と課題分析』について

 900社デジタル化実態調査、ビジョン・推進体制・人材・SoR・SoEの5領域における企業のDX推進度ベンチマーク調査、先進26社DX戦略の個別取材レポート、DXにおける顧客企業のITベンダー評価など、デジタル変革に不可欠な情報を掲載しています。

同レポートの紹介ページ:https://info.nikkeibp.co.jp/nxt/campaign/b/275300/

【本リリースに関するお問い合わせ先】

本調査に関するお問い合わせは、日経BP総研イノベーションICTラボ(電話:03-6811-8795 担当:戸川、渡辺)にお願いいたします。
取材のお申し込みは、日経BP 経営企画室・広報(電話:03-6811-8556)にお願いいたします。