ニュースリリース

NEWS RELEASE

技術情報収集を省力化する「日経TechFind」、登場

中長期戦略や新規事業立案に効果的

 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)は2019年10月9日、技術分野の調査・資料作成を省力化・短時間化する情報収集サービス「日経TechFind」(日経テックファインド)の提供を開始しました。

日経TechFind

 企業の中長期戦略や新規事業企画立案などにおいて、技術の波及やビジネスに与えるインパクトを調査・分析することが一層重要になってきました。研究機関においても、研究開発する技術が適用できる潜在市場がどのような分野に存在するかを見通すために、調査・分析は不可欠です。しかし、情報収集や内容把握に時間を要するのが課題です。さらに、収集した情報の信用度が高いのかどうかを見極めねばなりません。

 日経TechFindは、このような技術の波及やビジネスに与えるインパクトを見通すための情報収集・分析業務の効率化をサポートするオンラインサービスです。日経BPの膨大な技術系コンテンツをはじめ、プレスリリースや特許、研究開発の情報を横断的に収集できるのが特徴です。経営・事業企画、技術戦略立案、提携先検討などの局面で、調べたい技術や事業のトレンドを瞬時かつ多角的に調査できます。

 日経BPは日経TechFindのサービス開始に先立ち、2019年6月から試用版(ベータ版)を一部ユーザーに提供してきました。「課題を検索対象にすると、解決策にたどり着きやすく、仮説の検証が容易」「専門記事とプレスリリース、特許情報などと一度にまとめて調査できるので、効率的に調査が進む」「異業種の市場見通しをすぐに把握できる」といった高い評価を得ています。

 日経BPは今後、企業や研究機関などの情報収集・分析業務のさらなる効率化を図るため、日経TechFindの機能を拡充してまいります。

【サービス概要】

サービス名: 日経TechFind(日経テックファインド)
提供コンテンツ:
  • 日経BPの技術系専門誌を含む「日経 xTECH」の記事(2016年~)
  • 大手および上場企業、官公庁のプレスリリース
  • 日本の政策情報
  • 公共機関などが支援している研究開発情報
  • 企業の有価証券情報
  • 日本の特許情報
提供機能:
  • キーワード分析(検索語の関連語、関連する企業や業界の表示)
  • コンテンツを横断的に調査・収集(関連度順に提示)
  • 図版検索
  • 企業調査(個別企業あるいは複数企業の横断調査)
  • 資料作成支援(調査結果を電子データで出力)
サービス価格: 基本契約(1年利用)180万円(税別)~
商品に関する
お問い合わせ:
日経BP テックファインド事業部
電子メール
【お問い合わせ】

このリリースに関する取材のお申し込みは、日経BP 経営企画室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。